新劇場版:Qのラストのセリフが意味深



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


新劇場版:Qのラストではフォースインパクトが食い止められたものの、ゲンドウたちの思惑通りの運びとなりました。シンジたちエヴァパイロットも無事に生き延びていますが、ラストシーンでアスカが意味深な発言を残していますので、まとめてみたいと思います。




■ラストシーンのエヴァパイロットは人間ではない

エヴァの用語は難しいものが多く何回ですが、まず説明しておきたいのが渚カヲルが良く発言する「リリン」という言葉です。これは人間であることを意味しますが、新劇場版:Qのラストでアスカは「リリンは近づけない」という発言をしています。その場に居合わせているのはシンジ・レイ・アスカの3人でしたが、これによりエヴァパイロット全員が人間ではない可能性が浮上しました。


■初号機からサルベージされたシンジを確認するミサト

シンジがヴンダー内でミサトらと再開した際に、ミサトは「碇シンジくん…でいいのね?」とい確認しています。また鈴原サクラの発言でも「記憶の連続性が認められる」とあり、シンジ本人であれば記憶の喪失は認められないなどと話すのが自然となります。つまり14年前のシンジとQの世界のシンジとは別ものの存在である可能性が非常に高くなります。




■空白の14年間でQのシンジのクローンが生まれた

オリジナルのシンジではなく、クローンのシンジである可能性が高いQの碇シンジ。この14年間に何があったのかは謎が多い部分ですが、14年かけてクローンシンジが出来上がったのではないでしょうか。エヴァパイロットは皆14歳であり、その頃の状態へ戻す時間も同じ年月が必要だったのではないかと考えられます。そして記憶だけが移り変わっているものと考えられます。


■アスカも人間ではなくクローンなのか

レイに関しては作中でも触れられている通り、クローンとして何体も生まれては死んでを繰り返している存在です。ではアスカはどうなのでしょうか。ヴンダーでシンジと再開した際にはガラスを素手で割るシーンが描かれていますが、このシーンから想像するに同じく人間ではないかと考えられます。破でも精神汚染によって隔離されていたため、何らかの形でクローンあるいは使徒となって再登場したのではないでしょうか。




■おわりに

エヴァの呪縛とは人間が人間でなくなること。それゆえに14年の歳月がたっても容姿はそのままであることが考えられます。その人間でないという存在がすなわちクローンであり、強いては使徒である可能性もあります。いずれにせよ特別な存在であることに変わりないエヴァパイロットたちですので、その秘密が明らかになった時はエヴァの謎なども解明されることでしょう。
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】