もはやアートの域!ハロウィン用のかぼちゃが凄い事になっていた!



お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


海外のハロウィンに懸ける情熱というものは、日本人の私たちにはあまり理解できるものではありません。

その計り知れない情熱が、ハロウィン用の飾りであるかぼちゃを凄い形に変えてしまいました。




■4年の歳月を要した力作

アメリカで農場を営む53歳のトニー・ディグハラさんは、今年数千個のハロウィン用のデコレーションかぼちゃを収穫しました。

しかし冒頭でも述べた様にただのかぼちゃではなく、「パンプキンシュタイン」と名付けられた、まさにこのハロウィンの時期には打ってつけのユニークなかぼちゃなのです。

「~シュタイン」と来たからには、アインシュタイン?と思われた方、残念ながらハズレです。

実はこのハロウィンの飾り用かぼちゃ、何とフランケンシュタインの頭の形をしているのです。

トニーさんの話によると、このパンプキンシュタインを収穫出来る様になるまでに何と4年もの歳月が掛かったそうです。

パンプキンシュタインはまさしく改良に改良を重ねてやっと出来た、トニーさんの汗と涙と努力の結晶と言っても過言ではありません。

pumpkin





■意外と可愛いかも・・・

ホラー映画で有名なフランケンシュタインですが、あの恐ろしいイメージとは裏腹に、このパンプキンシュタインよくよく見ると、明るいオレンジ色の顔色に優しそうな微笑みを浮かべている、大変可愛らしい顔をしています。

玄関に飾るもよし、暖炉の上にごろっと置くもよしの、1個でも充分な存在感を醸し出すパンプキンシュタインですが、売れ行きは大変好調との事で、気になるお値段は1個75ドルで販売されています。

嬉しい悲鳴が止まらないトニーさんですが、今年の成功を見て来年からは彼の持つ全ての畑でこのパンプキンシュタインの収穫を予定している、との事でした。




■おわりに

「パンプキンシュタイン」とは、そのネーミングセンスの良さに脱帽モノですね!

もしもこのかぼちゃが玄関先や暖炉の上にあったとしたら、ちょっとびっくりしてしまうのではないか、と思いました。
 

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】