読解力を磨くと、漫画はとてもおもしろくなるよ!国語を勉強しよう!



ここ最近の傾向として、読解力が低い読者が増えてきている感じがありますよね。

読解力が低いからダメ!ということではなくて、読解力を磨くと漫画はとても面白くなりますよ!

みんなで国語を勉強しよう!




■ワンピースが面白くなる!

ワンピースは派手な戦闘シーン以外にも、隠された描写がたくさん登場する漫画!

読解力が高ければ高いほど面白く読むことが出来る漫画です。

読解力が低いとどうしても、派手な戦闘シーンにばかり目が行き過ぎて「誰が強いのか?」しか見えなくなってしまいがち。

それではワンピースの面白さも半減してしまうことでしょう。

ワンピースがつまらないと言っている人は大抵がコレらしいですよ!


■ブラッククローバーがつまらなくなる?

逆にブラッククローバーは読解力が低い読者でも楽しく読めるようによく工夫されている漫画。

ありふれたキャラクター設定をすることで、読解力が低くても理解しやすくなるし、ページを贅沢に使用した迫力の魔法描写はいい感じです。

読解力が高い人から見てみれば、情報量が少なくて物足りないかもしれませんが、読解力の低いひとからしたら「なんか派手でかっこうぃー」となりやすいことでしょう!

国語を勉強することで、漫画の読み方が違って見えるのはとても面白いことですよね!

逆にブラッククローバーを楽しく読みたいなら、国語を勉強しないっていう手もアリかも?




■僕のヒーローアカデミアが超絶面白くなる!

僕のヒーローアカデミアは、読者の読解力を相当高いレベルに想定して描かれている漫画のような感じ。

場合によっては理解出来ない…と感じる読者も多いかもしれません。

しかし、だからこそ読解力や日本語力、論理力の高い読者はドハマりする傾向にあるみたいですね!

逆に、日本語や論理力が弱い読者からしたら、よくわからない…と困惑することも有るのかも。

とはいえ、最低限の日本人としての読解力があれば、かなり楽しく読めると思うのでオススメの漫画!


■ナルトはどっちみち面白い!

ナルトの凄いところは、読解力が高くても低くても楽しめるところにあります。

どちらかというと、読解力が低い読者を対象として描かれている感じがありますけど、読解力の高い読者としても読んでいてウザったいレベルではない。

これらのことを考えると、ナルトのバランスはとても素晴らしいものといえそうです!

「世の中の多くの読者は読解力がないからそれに合わせる、でも一部の読者は読解力が高いから嫌われないようにする」といった感じの方針が伝わってくる気がしますね!

ナルトはこういった意味でも伝説的漫画といえそうです!




■おわりに

いかがでしたか?

今回は読解力を磨くと、漫画はとてもおもしろくなるというポイントに絞って考えてみました。

みんなで国語を勉強しようj!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】