次は南海トラフ?関東大震災?次の恐怖を事前に察知せよ!



先日熊本で震災が起こり、ネット上では「関東じゃなくてよかった」などという声もあがっているようだ。

不謹慎な気もするが、そう考えるのもある意味無理はない。

しかし、だとしても今出来ることをしておいて欲しいと願う。

と、いうのも実は…。




■次は南海トラフ?関東大震災?

次の地震は南海トラフとも、関東大震災とも言われている。

今は熊本でホッとしている本州在住の方もいると思うが、ご存知の通り日本は狭い。

熊本地震と連動して、次は本州、となる可能性もあるのだ。

学者の意見は全て割れているため、正確な情報がつかめない今。

だとすれば、最悪の事態を想定して動くのがベストだ。


■大丈夫?災害バッグ

災害時にバッグひとつでなんとかなることがある。

そう、災害バッグだ。

この災害バッグを持っているかいないかで、かなり大きな違いが生まれてくると言っていいだろう。

どうせならこの機会に用意して欲しいとおもう。

いざというときに用意しようと思ったとしても、さすがにAmazonも数分以内の宅配は無理なのだから。




■明日はわが身でできること。

明日はわが身でできることは他にないだろうか?

そう、出来ることは沢山あるのだ。

この機会に募金などをしてみるのはどうだろうか。

かつて日本が災害救助にいった台湾では、今回の熊本地震でいち早く日本への協力が発表された。

これはなかなかにかっこいいことだといえる。


■誰もやらないことを、いまこそ。

誰もやらないことを、今こそやるべきかもしれない。

様々な災害が繰り返される中、私たちは団結する時を迎えているのだ。

平常時であれば人間は欲深い生き物でありなかなか団結できないわけだが、こういった時には皮肉にも団結できる。

災害自体は非常に苦しいものだが、それをバネにして強くならなくてはいけないのかもしれない。

誰もやらないことを、いまこそ。




■おわりに

いかがだっただろうか。

今回は次の恐怖を事前に察知せよ!という問題について掘り下げてみた。

ぜひ参考にしてみて頂きたいところだ。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】