日本でおかしな事件が増えてるみたいだから気をつけろよ!って話。



ついに日本でおかしな事件が大量に発生し始めている2015〜2016年。

終末論とか陰謀論じゃないんだけど、おかしな事件が増えているみたいだから気をつけないとね。

そこで今回は、おかしな事件が起きないようにする4つの工夫をまとめていくよ。




■ちゃんと仕事をする

金の切れ目は縁の切れ目…というように、仕事がなくなってしまうと怪しい行動に出てしまう人が多いみたい。

住所不定無職のひとがたびたびニュースで取り上げるのはたぶんコレも影響してる。

ちゃんと仕事をして、生活出来る状況をつくっておかないといけないね。

お金が貧しくなると心も貧しくなって、人のものが欲しくなるのはある意味自然なことだから、自分が変な人にならないようにしないといけないよ。


■正常なコミュニケーション能力を身につける。

ハラスメントという言葉が世の中に蔓延して久しいけど、これってハラスメントされる側が「嫌なことをされて耐える」から起こるだけであって、「嫌なことを嫌」と言えれば問題は大きくならないんだよね。

日本人全体が、それぞれの間でちゃんと解決する能力が落ちてきている気がするよ。

正常な対人コミュニケーション能力、おれは持っているよ!と思ってる人は要注意!

実はちょっとしたことでコミュニケーション能力は崩壊したりするので、気をつけないといけません。




■危険な人を遠ざける。

正常なコミュニケーションを取れない人や、ちゃんと仕事をしていない人を身の回りから遠ざけるのも大事。

世の中には想像以上に危険な人や無学な人がウロウロしています。

自分の感情をコントロール出来なかったり、簡単に人のことを裏切る人もいたりするものです。

そのような行動を取られて泣き寝入りしなくてはならなくなる可能性もありますから、危険な人は遠ざけるのがベストですね!


■大切な人を見極める

本当は誰とも関わりを持たずに生きていくのが最も安全ではあるものの、そうなってしまうと寂しい気持ちになってしまうのは当然。

誰かに触れたくなるのも「人間」として生まれてきたからには仕方ないというもの。

大切な人を持つのが必須なのであれば、大切にすべき人を見極める必要もあります。

大切にされてしかるべき人は想像以上に少ないみたいですよ、周りを見渡してみましょう。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は日本でおかしな事件が増えてるみたいだから気をつけろよ!って話をまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】