いつ恋の有村架純がダメ女過ぎて御曹司が可哀想。



今期の冬ドラマでも注目が集まってきている「いつ恋」こと“いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう”。

ヒロイン音がウザすぎる!とネット上で批判が高まっているようです。

今回はそんないつ恋に対して調べていくとしましょう。




■昔好きだった男に入れ込む薄情さ

何年も大切にしてくれた今彼をさておき、昔好きだった「引越し屋さん」との再会をきっかけにそちらに入れ込む主人公、音。

その傍若無人ぶりは多くの反感を買っている様子。

今の彼氏はそれでも音のことが大切で、できれば結婚したいと思っている感じ。

人格的にひどすぎる音をそれでも優しく包んでくれる彼が可哀想という意見が多い様子。


■優しすぎるとこういう女になる?

音の今カレはこれ以上ないほど優しく紳士的なタイプの男性。

どのような事でも許してくれそうで、コレ以上の彼氏を見つけることは“音”には一生出来ないものと思われます。

にも関わらず、たまたま再会した元カレとちまちま会って恋愛ごっこをしている様子は視聴者をイラつかせている模様。

元カレは優しすぎるがゆえに「何をしても怒らないでしょw」と思われている気がしてなりません。

実際に自分の彼女に同じことをされたらブチ切れる男性が多そう。




■全体的にメンヘラ&コミュ障の巣窟

全体的にメンヘラ&コミュ障の巣窟であるいつ恋。

元カレである「引越し屋さん」に関しても微妙にその雰囲気があります。

また、主人公の「音」に関しても同様で、本当に自分を大切にしてきてくれたのは誰なのか?に気付けないレベル。

このレベルの異性が自分の彼氏&彼女だったら、相手を選んだ自分を呪う…という男女が多そう。


■有村架純さんにも悪評イメージが?

心配なのは有村架純さんに悪評イメージがつかないかどうか。

AUのCMなどでポジティブイメージのある彼女だからギリギリ持ちこたえて入るものの、ポッと出の女優さんが演じてしまったら世間から総スカンを食らってしまうのは間違いなさそうです。

いや、今の時点でも人によっては既に悪いイメージを持ち始めているのかも。

演じる役によって悪いイメージがついたりすることがあるので、役者さんは大変ですね。




■おわりに

いかがでしたか?

今回はいつ恋の有村架純がダメ女過ぎて御曹司が可哀想といったところを中心に掘り下げてみました。

ぜひ参考にしてくださいね!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】