まるでウソのような終末論。世界は変われるのか?



世界は変われるのか?といったところに社会全体の目が集まっているようだ。

少しスケールの大きな話になってしまうかもしれないが、なんとなく暇つぶしのつもりで読んでほしい。

世界は果たして変われるのであろうか?人類の未来とは?




■人類の未来とは?

既に第三次世界大戦は始まっている、とも言われている。

ここでは詳しくは述べないが、対テロ戦争などがそれにあげられるというのだ。

そして、日本でも様々な問題が噴出している。

ちょっとしたことでイジメや自殺が生じるほど命が軽視され、性犯罪も横行しているのだ。

世界の民度が落ちているように感じてならない。


■人は“人間”か、“動物”か?

人は人間なのか動物なのか?というテーゼもよく取り上げられる。

人間らしく、知性的に振る舞うといったことが人間が人間である由縁だ。

特に日本にはその傾向が強かったのではないだろうか。

しかし、今となってはその傾向は薄れてきてしまっているようだ。

まるで動物の群れのように、本能的に行動しているように見えてやまない。




■アセンション?

こう記していくと、次は終末論を語り始める者や、アセンション(次元上昇)と呼ばれる進化のようなものを語り始める輩も登場してくる。

そう、解決困難な現実問題から目を逸らしたいという人間の本能につけこんだビジネスマンが現れるのだ。

誰とは言わないが、ネットの陰謀論者にはそのような傾向が特に強いようだ。

賢明な人はこのような胡散臭い人間には触れようとしないが、心が弱いと持っていかれる可能性がある。


■世界は変われるのか?

人が動物となり、まるで獣のような本性を現し始めている現代社会。

そしてそれをエサとして食い物にしようとする獣たち。

これらは互いにいがみ合い、争い合い、相互に共食いをしているようにすら見受けられる。

全ての人間が同時に獣から人に進化できれば良いのかもしれないが、その日は訪れるのだろうか。

世界は…変われるのだろうか。




■おわりに

いかがだっただろうか。

今回はまるでウソのような終末論、世界は変われるのか?といった部分に少し触れて見る運びとなった。

美しい世界を、人々は取り返すことが出来るのだろうか。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】