信じられない!女性の「呼び方」を工夫するだけで彼女が出来た!



女性の「呼び方」を工夫するだけで彼女が出来た!という意見が多数みられるようです。

やはり男女の関係になるためには、親密度が必須!

女性と仲良くなるためには呼び方を工夫するのが一番良いですね!

自分に合った「女性の呼び方」をマスターしてしまいましょう。




■NGケースその1

NGケースのその1は「苗字の呼び捨て」です。

これはかなり他人行儀なうえ、なかなか親密度が上がらない呼び方。

女性に対してこのような呼び方しか出来ない人は、モテにくい傾向にあると思います。

苗字で呼ぶときにも一工夫をしてみるのがベストだといえるでしょう。


■NGケースその2

NGケースのその2は「名前の呼び捨て」です。

付き合い始めてから名前の呼び捨てをするのならわかりますが、友達の状態で下の名前の呼び捨てをしていると、人によっては「なんでコイツ彼氏ヅラしてんの?w」と影でバカにされやすいことこの上ありません。

さらに、女性同士の口コミは一気に回りますからね。

「◯◯くんっているじゃん?いきなり名前で呼び捨てにしてくるんだけど何様?」みたいな噂が流されてしまうこともあります。




■OKケースその1

知的でクールなあなたは「苗字+さん付け」で統一すると良いでしょう。

「女性にはさん付け呼ぶようにしてるんですよ」などと笑顔で答えることが出来るようになれば一人前!

名前を呼びながらもちゃんと女性を尊重しているように聞こえる◯◯さん付けは、女性に対してかなり効果的な呼び方であるといえます。

新しく出会った人に対しては◯◯さん付けで呼ぶようにしてみてはいかがでしょうか。


■OKケースその2

フレンドリーな性質を持っているあなたは、名前+ちゃん付けで呼ぶのもいいでしょう。

女性はいつまでたっても女の子、お姫様気分をくすぐるのがこの呼び方なのです。

また、モテる男性は習慣的にこのような呼び方が出来るようになっていたりします。

逆をいうとこのような呼び方が出来るようになれば、モテる男性への階段を登ったことになりやすいものです。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は女性の「呼び方」を工夫するだけで彼女が出来たというケースを元に分析してみました。

ぜひ参考にしてくださいね!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】