バイキンマンって確実にタイムリープしてるww



アンパンマンが倒せなくてタイムリープしまくってる説が濃厚なバイキンマン。

彼はいったいいつアンパンマンに勝てるようになるのでしょうか。

今回はそんなバイキンマンのタイムリープ説について調べていきます。




■お前…タイムリープしてね?

バイキンマンは世界線を超えて、何度もいろいろなイタズラをすることによってアンパンマンに勝てる世界線を探しているのかもしれません。

バイキンマンはアンパンマンに勝てないのをわかっていて、何度も戦いを挑んでいるのです。

いい加減、勝てないことに気付いても良いと思うんですよね。

しかし、これほどまでの兵器を大量に作る能力があるバイキンマンなのにも関わらず、それに気付かないのは不自然ではないでしょうか?


■気付かないのではない、わざとだ

そこでにゃんこニュースではひとつの仮説を立ててみました。

アンパンマンに勝てないのではなく、いつか勝てる世界線に立つために、なんども失敗を繰り返しているのだと。

それであればバイキンマンがこれほどまでに何度も失敗を繰り返すことも頷けるようなきがするのです。

彼ほどの頭脳・知能を持っているにも関わらず、それでも敢えて挑戦するのは「勝たなければならない理由」があるに違いありません。




■アンパンマンを倒さないとバイキンマンにとって都合の悪い何かが起こる?

バイキンマンにとって都合の悪い何かとは何でしょうか。

少なくとも「アンパンマンにぶっとばされること」以上に辛いなにかであることは間違いありません。

ドキンちゃんの死…かびるんるんとの別れ…

このまま進んでいくと、このような結末があるような気がするのです。

様々な悲しみを乗り越えて、バイキンマンが立ちたい世界線とはどのようなものでしょうか?


■わかった、わかったぞ!

なんと、ドキンちゃんの存在を考えた時に答えがチラついてきたのです。

そう、ドキンちゃんはしょくぱんまんに好意を抱いている。

もしかしたらバイキンマンは、アンパンマンを倒すことで、ドキンちゃんがバイキンマンのことを好きになる可能性を見ているのではないでしょうか。

だとしたらバイキンマンの目指す世界線は、ドキンちゃんに愛される世界…。




■おわりに

倒れても倒れても何度もアンパンマンに立ち向かうバイキンマン。

彼の向かって行きたい方向とは?

そう考えると未来が無限に分岐していくようで非常に面白いですね。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】