ジンがレオリオに殴られた本当の意味とは?



ジンがレオリオに殴られた理由は、選挙を有利にするための戦略であると考えられていました。

しかし、その本当のの目的は、レオリオの能力を得ることにあったのではないか、というのが一般的になりつつあるようです。

人は打撃系の技を食らうと、それを真似することが出来るから、といわれています。




■選挙に影響はあったのか?

ジンが殴られたのは選挙を有利にするためのものだ、という説が一時期有力でしたが、この説は既に覆ったようです。

確かにジンがレオリオの攻撃を受けたことによってパリストンが選挙に勝ったという見方も出来るのですが、そこまでの前後の流れを見る限り、たとえ攻撃を避けていたとしてもパリストンが当選していたと思われます。

よって、ジンは他の理由があって、素直に殴られたのではないか、ということになります。


■レオリオに出会えたのが一番の収穫

そしてジンは「レオリオに出会えたのが一番の収穫」と発言していますが、これはレオリオが将来有望な人物である、ということとは別に、能力を食らうことができたこと、が真の理由とされています。

殴られることでその能力を食らうことが出来るというのはやはりかなり強力な特性ですね。

ビッグバン・インパクトのようにシンプルなものであればどうなるかわかりませんが、応用が利きやすいのは確かなようです。




■ジン・フリークスという人物

彼は12歳になる前に「欲しいものがあるんだ」と言い残し、ハンターを目指して島から旅立っていったとされています。

で、267期のハンターっ試験の唯一の合格者であり、カイトやサトツも「最高のハンター」と評していることから、その実力は折り紙付きであると思われます。

また、彼が発掘した遺跡の分野に関しては、その仕事が遺跡保護のマニュアルとなるほどなので、知勇ともに優れた人物であることは間違いありません。


■グリードアイランド

また、独特の遊び心も兼ね備えており、息子のゴンのためにグリードアイランドなるかなり苛烈なゲームを創造するなど、彼のなしてきた物事は異質かつ偉業です。

しかし、読者としてもグリードアイランド編は非常に楽しく読めたので、実際のところそのアイデア、センスにおいてもかなり素晴らしい物をもっているのは間違いなさそうですね。

もしかしたら、ジンの残した他のゲームもあったりなかったりしそうです。




■おわりに

いかがでしたか?

今回はハンターハンターのジン・フリークスに関して調べてみました。

最高のハンターとされているジンの偉業、そして特殊な念能力。

最後にジンの言葉を狩りて締めくくろうと思います。

「道草を楽しめ 大いにな ほしいものより大切なものが きっとそっちに ころがってる」
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】