ブリーチに隠された謎と伏線!その1!



週刊少年ジャンプで大人気のバトル漫画の1つとして、ブリーチがあります。

ブリーチにも謎と伏線が色々と飛び交っていますね。

そこで今回はブリーチに隠された謎と伏線について調べてみました。




■アイゼンの名前

ブリーチは英語で漂白という意味です。

そして、虚の浄化とか、主人公の黒い服を際立たさせる意味合いもあるのだとか。

そんな中、藍染(あいぜん)とは、藍に染めるということになり、これは対比としてのネーミングとして非常に凝ったものになると思われます。

さっすが!!


■扉絵に隠された伏線

ブリーチは扉絵にも凝っている模様。

マユリvsザエルアポロは悪魔と神の戦いをモチーフにしているのだとか。

この扉絵は完全に悪魔のバフォメットを意識していたりするはず。

かっこいいです。




■黒崎一護はスペイン語でキンセ

黒崎一護はスペイン語でキンセであり、クインシー(滅却師)の伏線であると言われています。

スペイン度は虚関連の用語でよく使われるのだとか。

色々な言語がある中で、あえてスペイン語を使うのはさすが!

センスがいいですね!


■夏梨も霊力に目覚めた描写が!

ブリーチをよく読み返してみると、夏梨にも霊力に目覚めた描写があることに気がつきます。

また、西洋花梨も英語でquince(クインシー)。

滅法師と死神のハーフである、ということで、この描写も有りえるところだと思います。

んー、かっこいい!




■おわりに

いかがでしたか?

今回はブリーチに隠された伏線を調べてみました。

んー、知ってると2倍楽しめるかもね!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】