元は新聞の4コマ漫画だった?サザエさんにまつわる4つの豆知識トリビア



サザエさんは、現在もその人気が衰えないキャラクターとして、国民的人気を誇るアニメです。

今回は、そんなサザエさんのルーツにまつわる、新聞4コマのことや、キャラクターグッズのことなど、サザエさんが楽しくなるトリビアをご紹介します。




■借家のトラブルが原因?サザエさんが実家に同居した理由

サザエさんは、サザエさんが、マスオさんと結婚して、磯野家を出てくところまで描かれ、これでどちらも一度連載を中止しました。

このまま終わっていれば最終回のままでしたが、連載を再開するため、「サザエさん」は結婚後に借家のトラブルで、実家に同居する設定になったのです。


■元は新聞の4コマ漫画だった?サザエさん

サザエさんはアニメで知られているが、原作は新聞連載の4コマ漫画で、「別冊サザエさん」は5ページほどのショートストーリー漫画でした。

西日本新聞社から独立した、長牟田口宗一郎が、長谷川に福岡の地方新聞『夕刊フクニチ』誌上での連載を依頼し、1946年、4月22日から連載を始め、長谷川町子が、東京へ引越しするために、一度連載を打ち切りました。

連載開始当初は、台詞がカタカナで、サザエは独身だったが、連載を打ち切る時にサザエがマスオと結婚しているが、その後『夕刊フクニチ』で連載を再開し、舞台も東京へ移り、マスオが磯野家に同居するストーリになりました。




■当時はキャラクターグッズが多かった?サザエさんの人気

ハウス食品から、1984年に「サザエさんちのふりかけ」、「サザエさんちのお茶漬け」が発売され、「サザエさんちのおにぎり」など、1990年代前半まで発売が続けられたのです。

「サザエさんちのおにぎり」ほか、明治製菓からは、1984年にスナック菓子として「かつおくん」と「わかめちゃん」が発売され3人でテレビCMに登場しています。

更に、1980年代には、スポンサーの東芝から、グッズが多数出ており、東芝専門の電器屋さんで商品を買うと、主にサザエや、タラちゃんがプリントされた、非売品の財布などがもらえたようですね。


■磯野家に居候していた?波野ノリスケ

波野ノリスケは、波平の妹の三男で、波平の甥、サザエ、カツオ、ワカメの従兄弟です。

新聞記者として、8巻から12巻の間、押しかけ同然に磯野家に居候し、波平や新入社員に借金を頼み込んだこともあり、多少図々しい性格ですが、人柄の良さからか、磯野家にも気に入られており、12巻で入江タイ子と、お見合い結婚しました。

結婚後は「東アパート」という所に住み、イクラと言う子供を授かりますが、この子はアニメではイクラとなっているが、原作では名前は出てこないのです。

ノリスケの妻のタイ子は、登場回数が少ないからか、結婚後は時に太っていたりしていたようですね。




■おわりに

いかがでしたか?

サザエさん家に、ノリスケさんが、居候していたことや、サザエさん夫妻が、磯野家に同居した訳などを知ると、更にアニメが楽しめそうですね。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】