極悪人の兵藤和尊とは?賭博黙示録カイジを楽しむ4つのトリビア



賭博黙示録カイジは、週刊連載から人気が出て、アニメになった、人生を賭けたギャンブルアニメです。

そんな主人公カイジや、兵藤和尊とカイジの関係など、アニメのカイジを、十倍楽しむための、キャラトリビアについてご紹介します。




■異常なギャンブル好き?カイジとは

本作の主人公で、推定21歳、身長は178cmで、趣味は街で見かけた高級車をパンクさせ、エンブレムを盗んだり、お金があれば、ギャンブルにつぎ込むなど、重度のギャンブル中毒です。

パート勤めの母親と公務員の姉がいるが、友人・古畑の借金の保証人になった為に、肩代わりをする羽目となり、返済の為に、金貸しの遠藤に、ギャンブル船、エスポワールに招待され、危険なギャンブルの世界に、足を踏み入れていくのです。

しかし、信頼した人間を、裏切ることは決してせず、己の利を蹴ってでも救おうとする、心優しいカイジは、人望もありますが、かなりのお人よしの性格が災いし、信頼を寄せた人間に、裏切られる経験を、何度も繰り返しており、度々苦い思いを味わされているのです。


■カイジの性格って?

高校卒業後に上京したが、定職に就かず、しょぼい酒と博奕に明け暮れ、街で見かけた高級車を、悪戯でパンクさせ、エンブレムを盗むことで、憂さを晴らすなど、最低な日々を過ごす青年でした。


賭博黙示録カイジでは、挑戦したギャンブルの、限定じゃんけん、人間競馬、超高層鉄骨渡り、Eカード、ティッシュ箱くじびき、パチンコ「人喰い沼」など様々なギャンブルに挑みます。




■極悪人の兵藤和尊と言う人物とは?

「帝愛グループ」の総帥である老人で、部下からは「会長」と呼ばれている。

カイジ最大の宿敵であり、莫大な資産と、鉄壁の運用管理術を持つ、日本最大の資産家の1人で、世界中の金をかき集め、帝愛の地下王国を、築こうとする金の亡者です。

更に嗜虐癖を持つサディストでもあり、人が苦しむ姿を見る事と、常軌を逸したギャンブルを何よりの愉悦と言い、暴利によって弱者から搾取し、博奕で負けた者や失態を演じた部下に「器官破壊」、「指切断」、「焼き土下座」「地下強制労働」といった懲罰を強制し、債務者を死に追いやることに、快楽すら感じているのです。


■カイジと兵藤の関係

残虐非道かつ醜悪な怪人物で、カイジにとっては最も忌むべき相手だが、自らを「王」と称するだけあり、「強運の持ち主」でもあり、あらゆる面において、常人を遥かに凌駕する力と、閃きを持ちます。

自身のこれまでの人生経験に基く、世の中の真理を突いた発言も多く、勝負事においては、自身が不利になる可能性があるに関わらず、何処かフェアな一面も持ち合わせます。

兵藤は、「以前は困っている人間を見捨てられず助けようと金を貸していたが、幾度も裏切られてきた」とも語っています。

命を張るべきところで躊躇なく張ったり、痛烈なペナルティから目を逸らさずに受け入れるカイジの性格には一定の評価をしているが、根本的には、虫けらのような扱いをしており、カイジが破滅する事に異常に執着しているのです。




■おわりに

いかがでしたか?

生きるか死ぬかの、人生を賭けたカイジに、登場する主人公カイジや、敵対するサディスト兵藤のことを知れば、更に賭博黙示録カイジのアニメが、楽しめそうですね。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】