ドラえもんのありとあらゆる「数字」はぜ~んぶ一緒!?



みなさんもご存知の「ドラえもん」にまつわるお話をしていきたいとおもいます!
ドラえもんのプロフィールのありとあらゆる「数字」は全部一緒!という話を聞きつけたので
徹底調査してみることにしました!
藤子不二夫先生の作品は、いつもユニークな設定がなされているので
今回もきっと面白いものに違いありません!では、いってみましょう。




■ドラえもんについての基本プロフィールからいきます!

ドラえもんは、はじめに造られたときは耳がついており、体には黄色いメッキで塗装されていました。
黄色いからだのドラえもん、意外と基本的な知識ですが、知らない方も多いのではないでしょうか?
そして、声にまつわる話ですが
工作用ネズミロボットに耳を齧られ、ひみつ道具「悲劇の素」を誤って飲み号泣した振動でメッキが剥げ、ガラガラ声になってしまったそうです。
あの特徴的な声にもちゃんと理由があったんですね!!


■本日の目玉!「何の数字が一緒なの?」

ドラえもんの身長・体重・バスト・ウエスト・ヒップのスリーサイズは全て「129.3」に統一されているのです!
ドラえもんの誕生日である2112年9月3日の下4桁の数字「1293」という所からこの数字は誕生したそうです。そして、連載当初ののび太(小学4年生)のことを見下ろさないようにこの数字にしたという
一説もあります。優しい藤子先生ならではの配慮を感じますね!




■まだまだ続きます!1293の秘密!!

さらに、身長・体重・スリーサイズにとどまらず
足の長さも129.3cmで、パワー(馬力)も129.3。
ネズミに追いかけられた時に逃げる速度も129.3km。
ネズミを発見した時に飛び上がる高さも129.3cm。頭の周りの長さも129.3cm。という事ですから
びっくりですね!
しかし身長が「1293」という設定なのに、足の長さが「1293」となると
体が全部足ということになってしまいますよね・・。コレに関してはまた調査を進める必要がありそうです!





■おわりに

いかがでしたでしょうか?
寸胴で親しみのあるフォルムのドラえもんですが、こんなにも数字に徹底された
設定があったとは驚いた方も多かったのではないでしょうか。
友人同士でドラえもんの話題が出たときは是非この数字のお話をしてあげてくださいね!
きっとお話が盛り上がること間違いなしです。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】