ジブリの乗り物が再現された!? 実際に飛ぶのか?



最近アニメや映画、コミックに登場する物や技術が実際に作られるということが度々ニュースになります。

有名なところではバック・トゥ・ザ・フューチャー PART2に出てくる自動で靴ひもを結んでくれるバスケットシューズをNIKEが2015年中に完成させ発売する予定です。

今回はジブリに搭乗する乗り物が、実際に飛んだものがあるという情報が入ったので
ご紹介させていただこうと思います!




■ラピュタに登場するフラップターが空を飛ぶ!

フラップターというのは4枚の羽根で、虫のように羽ばたくことで飛ぶ乗り物です。
パズーが捕えられたシータを助けるために
ドーラと手を組んだあとに搭乗する乗り物です。

空想上の乗り物だと思っていたのですが
角田和彦という方がラジコンで再現されています。

動画の方も公開されているのですが、完成度が高すぎる!

独特のブゥーンという音もしますし簡単な曲芸飛行ができたり、縦横無尽に動き回ります。

作れるというのがわかっていて宮崎監督はデザインしたのかと思うぐらい凄くちゃんと飛びまわっています。

疑ってごめんなさい宮崎監督・・・。

角田和彦さんはこれ以外にも風の谷のガンシップなども作成されております。

うーん凄いですね!


■風の谷のナウシカに搭乗するメーヴェを再現!

メーヴェとは、風の谷のナウシカでヒロインのナウシカが乗っている1人乗りのグライダーのような乗り物です。

このメーヴェを東京藝術大学 先端芸術表現科 准教授の八谷和彦という方がOpenSkyというプロジェクトで本当に1人乗ることができる実物を作成されています。

作成されたものにはM-02とM-02Jという2つのモデルがあります。

M-02は伸縮するゴムの力で、少しの間滑空できるというものM-02Jはジェットエンジン搭載で自身で離陸できるというものです。

M-02は現在金沢21世紀美術館におさめられておりM-02Jは展示会やテスト飛行をみることができるようです。

八谷氏は最終的に体重50kg程度の女の子がひとり乗れるパーソナルジェットグライダーを作成することだとのこと。

ただこれ実際のメーヴェの様に腹ばいになって操縦するのでかなり難しそう・・・。

でも1度はナウシカの様にのってみたいですね!







■おわりに

色んな方が空想の物を実際に生み出すということに挑戦されています。

設計図も何もなく、イラストから作り出すというのは非常に大変な作業でしょう。

これからもどんどん挑戦していってくださることを期待しています。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】