ドラマ化やハウリッド版などデスノートの人気はいつまで続く?



2006年5月に最終回を迎えたデスノートですが、9年の時を得て2015年7月5日の日曜の夜から連続ドラマで復活するというから驚きです。

この場合原作者の大場つぐみさんや小畑健さんはストーリに関わってくるのか、小銭が入ってくるのかいやらしい話ですが気になってしまいます。




■連続ドラマはオリジナルストーリー

原作大場つぐみさん漫画小畑健さんが手掛けた「DEATH NOTE」をもとにして、脚本家いずみ吉紘さんが考えたオリジナルストーリー「デスノート」が連続ドラマとしてテレビで見れます。

原作との違いをわかりやすくするためか、タイトルのロゴの筆記体のデザインや英文字からカタカナ表示に変更されていることから「別物」として認識してみた方が良いみたいです。


■脚本家のいずみ吉紘さん

オリジナルストーリーときいて不安に思うファンも多いと思いますが、脚本家のいずみ吉紘さんは「セーラー服と機関銃」「ROOKIES」などを手掛けた腕のある脚本家さんです。

オリジナルといっても、面白さは期待できると思います。

アニメ実写は「らんま1/2」の脚本も手がけていました。

残念な声が集まった某実写ドラマのようにはならないと思います。




■実写化キャストのビジュアル

公式サイトでドラマの夜神月、L、ニアのビジュアルを確認できます。

みなさんイケメンや可愛いです。

ドラマにはニアも出てくるんですね!
きちんと白髪のウィッグをかぶっており好感触でした。

ニアは男の子だと思っていたのでしたが女優さんを起用されており、ドラマではニアは女性の設定なのでしょうか?気になります。

Lの服装には少々違和感を覚えました。

俳優さんはイケメンで顔立ちも整っており最高なのですが、コミックのLは指輪をしていませんでしたし、彼の性格を考えても指輪なんて煩わしいものを身に着けるとは考えにくいです。

ドラマオリジナルとして指輪は関係してくるのでしょうか?

また服装においても、だぼだぼのTシャツとジーンズは彼のチャームポイントでもあったのに着ていたのはYシャツでした。

ドラマのLはいろいろと変更があるみたいですね。


■ハウリッド版はどうなっている?

2008年のデスノート映画公開終了後からすぐに噂されていたデスノートハリウッド版ですが、何年たっても動きが見えなかったのでなくなってしまったのか?と思っていたのですが2015年になってようやく再始動。

ハリウッド版には監督アダム・ウィンガードがメガホンを取るとThe Hollywood Reporterが伝えました。

今度こそ、ハリウッド版が見られるかもしれません。




■おわりに

コミック実写ドラマで唯一の成功作品と言われているデスノート。

それってある意味凄いことだと思います。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】