テニス漫画の王道「ベイビーステップ」!エーちゃんはプロになることができるのか



 週刊少年マガジンで好評連載中のテニス漫画「ベイビーステップ」。

松岡修造や錦織圭などそうそうたるテニス選手がおすすめする漫画です。
アニメ化も果たし、今が人気絶頂でしょう。

そこで今回は主人公である丸尾栄一郎が果たしてプロになれるかどうかを考察してみます。




■テニスを始めたのは高校から

 物語が始まった当初、栄一郎たちは高校に入学したての1年生でした。

その頃の栄一郎はテニスに関しては全くの未経験。
特に運動神経が抜群であるという設定もなく、テニスを始めたきっかけも母親が進めたという単純な理由です。

始めたころは小学生にも勝てなかった栄一郎ですが、だんだんと上達していく姿を見せてくれます。

初めての試合ではシード選手にあたってしまい、奮闘もむなしく敗北してしまいますが、その後も大会に出続け8月には初勝利。

4月からテニスを始めてからわずか4カ月でここまで成長しました。


■テニス歴はわずか2年!圧倒的な成長力

 そして圧巻だったのは2年生の夏。

初戦、2回戦を順調に突破すると、続く3回戦の相手は第5シードの選手である宮川。
誰もが栄一郎の敗北を予想していましたが、これを覆し見事に勝利。

さらには続く4回戦では第16シードの選手に圧勝。
続く準々決勝ではまたも第3シードの選手である岩佐に粘り勝ちを納めます。

準決勝では第2シードの荒谷に惜しくも敗れてしまいましたが、採取的にはなんとベスト4の成績を残します。

この時点ではテニス歴1年半、驚異的な成長力を見せてくれました。

 そしてエーちゃんが現在アニメではフロリダ留学から返ってきたところですね。

ということは2年生の冬くらいでもうすぐ3年生になろうかという時期です。
この時点でテニス歴はまだ2年。

プロ入りの条件は全国優勝ですが果たして…。




■栄一郎の最大の武器はその分析力!

 栄一郎の武器はその分析力です。

相手のショットの特徴や傾向などをすべてメモして、試合中にも分析しています。
栄一郎は決して身体能力が高いわけではなく、パワー、スピード、スタミナ、どれをとっても他の選手に劣っています。

ですが、動体視力がよく反応スピードには定評があります。

加えてその分析力によって、相手のコースを読むことで普通の選手よりも圧倒的に広い守備範囲を実現しました。

さらにテニスを始めた当初から鍛えてきたコントロールを武器に新たなテニスを創り出しています。

 現在も急成長中の栄一郎ですが、プロ入りするためにはこのテニスを極めていくだけでなく、やはりパワー、スピード、スタミナの基礎力の強化も必須です。

足りない物はまだまだたくさんありますし、何よりもこれらは急に手に入るものではありません。

しかしこれまで地道な努力を続けてきた栄一郎なら必ずやり遂げてくれるでしょう。


■最大のライバルは?

 そして栄一郎がプロ入りするためにはどうしても倒さなければならない選手がいます。

それはタクマでもなく、2年の夏の大会で敗れた荒谷でもなく、世代ナンバーワンの選手である難波江です。

彼は選手の能力や特徴すべてにA,B,Cの3段階の評価をつけ、そして最後には自身がオールAになることを目指して練習しています。

その姿は試合の中でも一つ一つの課題を克服して成長していく栄一郎とかぶる部分もありますね。
初めて試合をしたときには完敗した相手ですが、栄一郎にとって彼は目指すべき選手であり、越えるべき選手でもあるのです。




■おわりに

 いかがだったでしょうか。

プロ入りできるかどうかは栄一郎がどれだけパワーアップできるかにかかっています。
ですが、無名の選手がその分析力を活かして次々に戦略をたて、試合中にも成長しながら書くうえの選手を倒していくのは、見ていて気持ちいいものがありますね。

テニスが好きという人もそうでないという人にもおすすめのアニメです。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】