これはひどい!中国で売られていたiPadがあまりにも斜め上過ぎると購入者激怒



中国でiPadやiPhoneを購入したところ実はAndroidが搭載された海賊版だったというオチはインターネットでも話題となり、ネタとしてもてはやされるお約束要素の一つでありますが、

今回問題となっている商品はそれを遥かに上回る悪質極まりない商品である。

見た目はまさにiPadで値段は32,000円とそこそこの価格だ。さてこのiPadはどのような構造になっているのだろうか。




―中身はAndroidか?それともまさかのアラームか?

fake_ipad


なんと時計ですらないまさにスッカスカのiPadだった。

怒りを通り越して呆れた購入者だが、トイレの横のごみ箱に破棄している様子から、はらわたの煮えくり返るような心境がうかがえる。

そりゃそうだ、Androidならまだ許せるものの、まさかの何もない状態。

ばいきんまんではないが「騙されるほうが悪い!」情弱は脳内iPadでもしておけ!ってことだ。


―値段は32,000円

値段は32,000円。市販されているiPadの半額近くで購入できると興味を持った男性。

しかし男性はこの値段では高すぎると感じ店主との交渉の末24,000円にまで値下げさせた。

半額近い価格でiPadが手に入るのであれば確かに手を出してしまう。

逆に一万を切る9,000円ぐらいだとすると明らかに海賊版として怪しまれる。人を騙すには適性の価格だ。




―制度は非常に高い、実は細かいパーツが異なる

実はこのiPad本物と何らそん色はないほど精巧にできているが、写真をよく見てみると実は細かいパーツが異なる。

まずリンゴマークだが、本物はすべて銀色になっているが、偽物は果実の部分だけである。またHOMEボタンの□のマークもない。


―面白土産としても高すぎる

中国では偽iPadなる商品は多く売られており、偽物だと知りながらネタになるということで購入する旅行者も多い。

ところがこの商品は値段は高いわ、中身はスカスカだわでメリットは全くなく、面白みもない。

しかも精度も割と高く『パクリじゃねえか!』という笑い話にもならないという、まったくもって旨みのない悪質極まりない海賊版。




それ以前に購入者は動作確認をすべきだったのかもしれない。

(秒刊SUNDAY:http://www.yukawanet.com/archives/4536823.html)



あわせて読みたい


【スポンサーリンク】