同姓同名で応募殺到!?振られちゃっても良いことあった男性の話。



検索あるあるの1つは、元カレ元カノの名前を入力してみることですね。

大抵あんまりいいことにはなりませんが、こういう有効的な活用方法もあるんです。




■大盤振る舞いのプレゼント!

カナダのとある男性、彼女と世界一周旅行に出るために、チケットを確保していたようなのです。

かなり大盤振る舞いのプレゼントですが、何と旅行前に2人は破局、使われない哀愁のエアラインチケットが彼の手元には残ったのです。しかし、この男性は極めて現実的でございました。

普通なら泣く泣くキャンセル、もう少しロマンチックな場合は「もったいないけど思い出保管」になると思うのですが、この人の取った行動は「売却」なのです。

飛行機のチケットは基本的に「名前」が書かれているので売却は難しいのですが、この男性は、同姓同名、同国籍の人をネットで募集したのです。




■千客万来すぎる応募!

すると、ありふれた名前でもない元カノにも関わらず、何と数千件の応募数が舞い込んできました。

案の定改名した人や、まさかの男性まで登場、性別が違う場合はどうなるのか大変不思議ですが、ともあれこの20代後半の男性、無事20代前半の女性を選べたそうです。

念のため、彼女はあくまで「旅の友」ということらしいので、そう思っておきましょう。

このチケット代、おそらく振られた男性持ちだとは思いますが、知らない人に便乗してでも旅行に行きたい人、そんなにいるんですねえ。




■おわりに

恋愛を制する者、それはやはり攻めの姿勢を忘れない人ということが解りましたね。

この男性の動向、追跡してみたいもの、それ以前に職業が知りたいのですが、何かの広報だったら、残念です。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】