実にあり得ない!どうしてもなりたい職業があるので金融業を辞職してしまった男性がいた件



金融関係の仕事をしている人の中で、その自分の仕事を止めたいと思う人は非常に少ないだろう。

しかしながら、夢の職業に就くために、その前途洋々たる自分のキャリアを呆気なく打ち捨ててしまった男性がいる。




■憧れの職業とは?

自分の夢を実現するために、思い切って今のキャリアを捨て去る人もいるだろう。

人生一度きりなら、自分の好きな事を仕事にしたいと思うのも当然の事かも知れないが、アレックス・ノーベルさん(26)の様に非常に珍しいある職業に就くために、安定性のある金融関係の仕事を辞める人は相当珍しいだろう。

なんとアレックスさんは、プロフェッショナルな「ゾンビ」になるために、自分のキャリアを実に潔く捨て去ってしまったのだ。

大のホラーファンである彼、以前金融業を行う傍らも映画やゲームなどにエキストラ出演し、既に5年ほどの「ゾンビ」キャリアを持っている。




■ゾンビの一大イベント開催!

流石「ゾンビ」暦5年のアレックスさん、彼が演じるゾンビは一味も二味も他の人と違っている。

そんな彼の「ゾンビ」の才能が買われて、カーディフで開催予定の人とゾンビの追いかけっこイベント「2.8Hours Later」でのゾンビ・トレーナーとして抜擢されたのだ。

「昔からゾンビに夢中だったんだ。」と言うアレックスさんにとっては、まさに夢の様な仕事と言えるのではないだろうか。

イベントで活躍するボランティアのゾンビたちを訓練するため、ゾンビ・スクールでその熟練したゾンビ演技を披露するアレックスさんだが、これからその類稀なるゾンビの演技力で、世界に羽ばたくゾンビ・アクターとして活躍する日も近いかも知れない。




■おわりに

好きな事を仕事に出来るなんて本当にラッキーな事ですが、思い切りのよさがないとそんな幸運にもめぐり合わないのかも知れませんね。

このゾンビ・イベント面白そうですね、是非とも参加してみたいです…。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】