駐車場延滞料金250万!?車の乗り捨ての実情とは!



車の廃棄処分、意外にお金がかかります。

という理由で、乗り捨てて逃げる人も少なくないようです。




■謎の場所と車体

carpark


さて、それは英国バーミンガムでのこと。この3年ほど、乗り捨てられているベンツがあるのです。

置き捨て場所は立体駐車場。駐車場延滞料金はすでに250万円と、もはや車を売った方がよさげですね。

さすがに邪魔になり苦情が殺到、管理会社が迷惑してニュースになったそうです。

ここで疑問なのは、駐車場に停めているのなら持ち主は解るはず、そして持ち主は解ったのですが、なぜか連絡は取れずじまいなのだとか。

それなら車を移動させればいいのではないかとも思いますが、これまた後輪が傷みすぎていて移動不能とのことです。

如何にも訳あり車っぽいですが、調べた結果「怪しいことには使われていない」そうです。

余計に怖いですね・・・ただの乗り捨てでしょうか。




■車はどこだ?!

これとは逆に、ショッピング駐車場に車を停め、2年間車を探せなかったドイツ人もいるようです。

そして2年後、停めた位置から4キロ先の所で発見されたということです。これも不思議なことに、車内の金目の物はすべて無事だったそうです。

車ミステリーは多いのですね。




■おわりに

さて、前述のベンツですが、動かせない&持ち主がいないとのことで、既に廃車カウントダウンになっているようです。

あっ、何の関係もないのにソワソワしなくていいですよ。

車社会の世の中ですが、意外に「謎の車」の存在が多そうですね。

自分の車じゃないことに気づかず、5年くらい乗っている人のニュースが出る日も近そうです。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】