ジブリの呪い?!投資家はジブリが放映されるのを恐れているのだとか!



名作が多いスタジオジブリの作品ですが、そんな作品は年に1度か2度テレビで再放送されることがあります。

ジブリファンに限らず、ジブリ映画の再放送を楽しみにされている方は多いでしょう。

ところが、そんなジブリ映画の再放送を恐れるのが投資家といわれています。今回は、投資家が恐れるジブリ映画の呪いをご紹介します。




■ジブリ映画が再放送されると株式相場が荒れる?!

投資家の間ではちょっと不思議な都市伝説が語られています。それは、「ジブリ映画が再放送されると相場があれる」という都市伝説です。

金曜ロードSHOWなどでスタジオジブリの作品が再放送されると、株式相場や円相場が荒れるため、投資家やトレーダーたちは戦々恐々としているといわれています。

過去にはジブリの再放送のタイミングで株価の乱高下の波に飲み込まれ、数百万円単位で損失を出してしまったトレーダー達もいるようです。




■本当に呪い?!ジブリ再放送が起こると相場が荒れる本当の理由

「ジブリの呪い」という都市伝説は存在しますが、特別ジブリが株に対して恨みを持っているわけでも因縁があるわけでもありません。

実はジブリの呪いにはカラクリがあります。

ジブリ作品の放送は「金曜ロードショー」のタイミングが多くなります。

金曜ロードSHOWは基本的に21:00~22:54の間に放送されており、時差のあるアメリカではこの時間と言うのは、金曜日の7:00~8:54に該当します。

つまり日本ではすっかり週末気分ですが、アメリカでは株取引が続けられているのです。

さらに毎月第1金曜日は米国雇用統計が発表される日でもあり、ジブリの再放送とは関係なく株式相場が荒れるタイミングでもあるのです。

そのタイミングとジブリの再放送のタイミングが一致してしまう時に相場が荒れやすく、過去9回タイミングが被り、そのうち8回相場が激しく乱高下したといわれています。




■おわりに

ジブリ映画を見て、子供の心を取り戻したトレーダーが純粋な気持ちで株を売り買いした結果、株式が荒れるわけではありませんので安心してください!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】