誰このキャラクター?『名探偵コナン』の主要キャラクター登場話数まとめ!



サザエさんのように長寿番組として親しまれているのが「名探偵コナン」です。

毎回、殺人事件などの事件が起こり、コナンや主要キャラクターが解決する・・・という流れは公開当初から変わりませんが、時々思い立った時に見ると「誰?このキャラクター」というキャラクターが登場しています。

そこで、現在登場する主要キャラクターが登場した話数をまとめました。

この話数だけをピンポイントで見れば、「誰?このキャラクター」という疑問を短時間で解決することができます。




■松本清長

目黒警部の上司にあたるのが松本清長警視です。

目黒警部の上司ということもあり、時々作中に登場するキャラクターでもあります。

そんな松本警視が登場するのは「第18話:6月の花嫁殺人事件」になります。


■高木渉

目黒警部の部下であり、少年探偵団と仲のよい刑事が高木刑事で、「第21話:TVドラマロケ殺人事件」で登場しました。

当初は名前がない刑事だったのですが、第42話以降、高木刑事となり、現在は同僚の佐藤刑事との恋愛が取り上げられるほどの主要キャラクターになります。


■怪盗キッド

コナンのライバル的存在でもあり、コナン=工藤新一の正体を知っている数少ない主要キャラクターでもあります。

そんなキッドが登場するのは「第76話:コナンVS怪盗キッド」になります。この回で中森警部も同時に登場します。

ちなみにどちらも、作者の別作品である『まじっく快斗』の主要キャラクターです。




■灰原哀

コナンを小さくした薬を開発したのが灰原哀。彼女は黒ずくめの組織の一員であり、コードネームはシェリーでした。

自ら薬を飲み、子供としてアガサ博士の元で暮らしています。コナン同様、ずば抜けた推理力が光るキャラクターでもあります。

そんな灰原哀が登場するのは「第129話:黒の組織から来た女 大学教授殺人事件」になります。


■ジョディ・スターリング

FBIの捜査官だが、英語教師として蘭や園子らが通う帝丹高校に就任して潜入捜査を行っていました。

そんなジョディ先生が初登場するのは「第226話:バトルゲームの罠」になります。

ジョディ先生同様、FBI捜査官の赤井秀一が初登場するのは「第230話:謎めいた乗客」であり、沖矢昴が登場するのは「第509話:赤白黄色と探偵団」です。

二人の正体が判明するのは、映画「異次元の狙撃手」になります。


■安室透 (バーボン)

フリーの探偵であり、その名前と声が某ガンダムアニメの主人公を彷彿させるのが安室透になります。現在は「ポアロ」のアルバイト店員と小五郎の弟子を兼任しています。

そんな安室透が登場するのは「第667話:ウエディングイヴ」です。




■おわりに

主要キャラクターが登場した回だけではなく、前後の回も見ることでよりコナンを楽しむことができます。

ぜひチェックしてみてくださいね。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】