まさかの積荷!軽トラが運んでいたトンデモナイものとは?



とある日のこと、軽トラが軽トラを積んで走っている映像がツイッターで流れたそうです。

どういうことなのか?ご紹介します。

念のためですが、軽トラはよくある「農産物運び系」です。




■意外につめる

さて、軽トラに軽トラをどうやって載せたのか・・・と言うことですが、見た目から考えると、車を横倒しにして荷台の下からロープでぐるぐる巻きにしているようです。

何となくかわいいと言えないこともないですね。

もちろん、荷台から豪快にはみ出しております。これは法律違反ではないのか?・・・もちろん違反です!

法律によれば、長さ1.1倍を超えると専用の許可証がいるそうです。許可が下りる基準が謎ですが、許可証があればOKのようですね。

keitora





■積み放題?

トラックがトラックを積むとかなり楽しい感じですが、よく考えたら後ろから見て車が見えない積み方をしている軽トラはたまにいますよね。

これもやはり、許可がないとダメなんでしょうねぇ・・・。

ちなみに重さは350キロまでだそうですが、これ意外に荷台がスカスカ程度になっちゃう重さなんですよ。

・・・ということは、積荷が綿とかでない限り、結構世の中かなり過積載な軽トラが多いのかもしれませんね。

それよりこの話、最大のキモは「どうやって軽トラを載せたのか?」ですね。

というより、車輪ついているんだから牽引すればいいじゃないか!・・・と、きっと目撃者全員が思ったことでしょう。




■おわりに

軽トラ、確かに大物運びには便利です。

しかし、積んでいいものと悪いものがあるようです。少なくとも、軽トラが落ちてきそうな軽トラは・・・ちょっとお近づきになりたくないですね。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】