不気味すぎる!街中で見かける謎のステッカーの正体は?



最近、大阪市内周辺の街角で見かけられる謎のステッカーがネットで話題になっています。

初老の男性の顔写真に『元気ですか 連絡待つ』という文面だけが書かれているもので、誰が何のために貼っているのか分かっていません。

『元気ですか 連絡待つ』以外にも、実は似たような事例はいくつも存在しています。

今回はそんな、街の中で目撃されている謎のステッカーを紹介します。




■謎のステッカーの元祖?『キルロイ参上』

アメリカには『キルロイ参上』という落書きの常套句があります。

長い鼻を垂らして塀の向こうから覗いている人物の絵と共に”キルロイ参上(キルロイ・ワズ・ヒア Kilroy was here)”という文言を書くものです。

その起源は諸説あり定かではありませんが、第二次世界大戦の頃には米軍兵によって使われるようになり、広く世界に拡散したと考えられます。

イギリスやオーストラリア、南米のチリなどでこの『キルロイ参上』に類する”句”の存在が確認されています。

『キルロイ参上』の落書きそのものは既に廃れていますが、かつてはアメリカの大衆文化の象徴として注目され、さまざまな小説や映画、アート作品に『キルロイ参上』をモチーフとしたものが登場しています。

日本人の作品としては、小松左京や筒井康隆の作品にキルロイという名の人物が登場する他、ファイナルファンタジーシリーズのメーカーでもあるスクウェアが制作したゲーム『ベイグラントストーリー』にも、ダンジョンの中にある部屋の名前として『キルロイ参上』というフレーズが登場しています。


■『キルロイ参上』の影響を受けた?『BNE参上』

8a2f7179


東京の繁華街を中心に、街角で『BNE』と書かれた謎のステッカーを見かけることがあります。白地に黒いゴシック体で『BNE』、または『BNE参上』と書かれているだけのステッカーで、それだけではまったく意味不明の存在です。

同様のステッカーは東京だけでなく、ニューヨークやサンフランシスコ、香港、クアラルンプール、プラハなどでも発見されており、世界的にも有名になっています。

2006年にはサンフランシスコ市長が、ステッカーを貼る犯人を逮捕するため、2500ドルの懸賞金をかけることを発表しました。

『BNE』を貼る活動を行っている人物は現在断片的にですがその正体が判明しています。

街中の塀などに”グラフィティ”と呼ばれる書き込みを行うアーティストとして活動している人物で、1970年代後半~1980年代前半生まれ、ニューヨーク出身と推測されています。




■大阪で発見されている謎のステッカー『連絡待つ村』

bf746529


大阪で近年発見され話題を呼んでいるのがこのステッカー。

プリントされている写真は何種類もありますが、いずれも同一人物と思われる初老と思しき男性の顔の写真です。

一緒にプリントされている文言も複数種類確認されていますが『連絡待つ村』と書かれたものがあることから、このステッカー自体を『連絡待つ村』と呼ぶこともあるようです。

貼られているのが確認されたのは大阪市の市街地。塀や電柱などに貼られており、場所によっては数枚から数十枚、まとめて貼られている場所もあるようです。

このステッカーが最も多く貼られていた時期は2009年~2011年辺りと考えられ、現在は下火になっているようですが、街を探せば残っているものを見つけることができるでしょう。

誰が何のためにこのようなステッカーを貼って回っているのか、正確なことはわかっていませんが、家出人の捜索や借金取りが失踪した負債者を追い詰める為といった説が有力とされています。


■合体した二つの顔の不気味なステッカー『力士シール』

img20090227_p


東京で目撃、存在が確認されているもう一つの謎のステッカーがこちら。

これもまた、いくつもの図柄やパターンが存在しますが、二人の太った男の顔が合体したような不気味なデザインがすべてのステッカーに共通しています。

描かれた顔が相撲取りのようにも見えるため、通称『力士シール』とも呼ばれています。

『力士シール』については『BNE参上』と同様、路上アートのデザイナーがデザインしたシールではないかという説が有力ですが、確認はとれていません。

アニメ化もされて話題になった人気アドベンチャーゲーム『シュタインズ・ゲート』を開発、販売したゲームメーカーのMAGESが2014年中に発売予定の最新作『CHAOS;CHILD』では、この力士シールがストーリーの鍵を握る重要なアイテムとして登場するそうです。

いったい、どのような物語が展開するのか、気になるところですね。




■おわりに

公共の場所に無許可でステッカー等を貼り付ける行為は、軽犯罪法や消防法に抵触する他、悪質な場合は器物損壊罪や建造物損壊罪に問われる可能性もある、れっきとした犯罪です。

くれぐれも真似はしないようにしてください。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】