ディズニーやミッキー・マウスの知られざる秘密!



ディズニーと言えばあまりにも有名すぎて、知らない人はいないのではないかと思います。

ディズニーとは、アメリカのエンタテイメント会社の事を指しますが、元は創始者ウォルト・ディズニーの名前からとったものです。

ウォルト・ディズニーは、アニメーター、プロデューサー、映画監督、脚本家、声優、実業家、エンターテイナーと様々な肩書を持っています。

そしてディズニーといえば、世界でもっとも有名で、最も愛されているネズミ「ミッキー・マウス」ですよね。他にもたくさんの魅力的なキャラクターを生み出しています。

日本の漫画の神様で、最初にTVアニメを作った「手塚治虫」も、このディズニーから多大なる影響を受けました。

今回は、そんなディズニーにまつわる色々な話を紹介したいと思います。




■キャラクターに隠された驚きの真実!

ディズニー・マニアなら知っていて当然というような、キャラクターにまつわるトリビアがいくつもあります。

それらを紹介しましょう。


<ミッキーは耳のまで脳みそが詰まってる>
1995年公開の「ミッキーのアルバイトは危機一髪」という映画の中で、ミッキーは体をスキャンされてしまうのですが、その時映った映像には、なんとあの大きな耳の中まで脳みそが詰まっていたのです。

ミッキーが万能なスキルを持っているのには、こんな秘密があったのですね。


<ドナルドには本名がある>
ミッキーと同じくらい人気のあるキャラクター、ドナルド・ダッグですが、実は本名があるのをご存知ですか?

ドナルドの本名は、『ドナルド・フォントルロイ・ダック』と言います。「フォントルロイ」なんていうミドルネームを持っていたのですね。


<プルートは重婚していた>
ミッキーの愛犬といえば、プルートですよね。そのプルートが重婚をしていたのをご存知ですか?

プルートは、ミニーの愛犬フィフィとの間に、5匹の子供が居ます。しかしダックスフントのダイナとの間にも「プルート・ジュニア」という子供がいるのです!

びっくりですよね。




■映画では公になっていない裏設定があるって本当?

キャラクターの秘密も驚きですが、たくさんあるディズニー作品の中にも、驚きの裏設定があるようです。


<魔法のランプの中>
「アラジン」に出てくるランプの精ジニー。彼の家は、小さな「魔法のランプ」ですよね。
あのランプの中が、実はすごい豪邸だって知っていましたか?

ランプの中には広いダイニングルームやキッチン、ベッドルームがあり、スパや広い庭まであるのです。

ジニーは長い間ランプに閉じ込められていても、ちっとも不自由ではなかったのですね


<三匹の子豚のお父さんの肖像画>
1933年公開の映画「三匹の子豚」。

この作品で三匹目の子豚がレンガの家で狼をやっつけてハッピーエンドになるラストシーンで、みんなで音楽を奏でて宴会をしていますが、その部屋の壁には「ソーセージ」の絵が掛けられています。

不自然に思い良く見ると、「ソーセージの絵」には「FATHER」の文字が・・・。そう、そのソーセージは父親の変わり果てた姿だったのです。




■おわりに

いくつか紹介しましたがいかがですか?

知ってるよって方もいるかもしれませんが、面白いですよね。

他にもまだまだ秘密があるようです。ぜひ調べてみたいと思います。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】