ばいきんまんにあまり狙われない?かまめしどんの不思議トリビア



かまめしどんは、どんぶりまんトリオの一人で東北弁が印象的なキャラクターです。

野暮ったいだけかと思いきや、意外な活躍があり、変な所で目立っている不思議なキャラです。

そんなかまめしどんのトリビアを紹介しましょう。




■唯一、声優陣にNGを連発させた主役回がある

アンパンマンの収録は十数年にも及ぶため演じる声優陣はコツを掴んでおり、まずNGは出さないのだそうですが、唯一と言って良いNG連発回がかまめしどんの主役回であったそうです。

それは、529話のBパートで放送された「かがやけ! かまめしどん」という回です。

この回でかまめしどんは泉の精によってゴールド化してしまうのですが、その言い回しや仕草が声優さんの演技と相まってとても面白く、滅多にNGを出さないレギュラー声優陣がツボにはまってしまったのだそうです。


■釜飯の中身が意外と豊富

かまめしどんの顔のモチーフは、実は駅弁の「峠の釜めし」なんだそうですが、釜飯のレパートリーは意外と豊富です。

本人が口にしているだけでも、キジ丼、山菜丼、クリ釜、エビ釜、ホタテ釜、五目、山菜、トリ釜といった各種の釜飯のレパートリーがあるそうです。

同じどんぶりまんトリオと違って、釜飯という範疇が広い食べ物であったため、レパートリーが非常に多いのでしょう。

ちなみに、中身が高級食材になると、口調が公家っぽくなるという変な癖があります。




■なぜか、ばいきんまんにあまり狙われない

同じどんぶりまんトリオのてんどんまんやかつどんまんと違って、かまめしどんはあまりばいきんまんから狙われることがありません。

三人が同時に居る場合も、かまめしどんだけはばいきんまんに中身を食べられることがないということが少なくないのです。

これは、釜飯がどちらかと言えば大人の食べ物であり、子供の味覚を代表しているばいきんまんには、美味しくないと感じるからでしょう。そのため、中身を失った二人に釜飯を分ける描写をよく見かけます。


■声優は、チーズの声と同じ人が兼任

声優に詳しい人なら常識なのですが、かまめしどんの声はめいけんチーズの声と同じ声優さんが担当しています。声色が全く違うので、普段声優を意識しない人はビックリするそうです。

ちなみに、担当声優である山寺宏一さんは宮城県出身なので、かまめしどんの東北弁は地元の口調に近く演じていてとてもやり易いのだそうです。

かまめしどんを含めたどんぶりまんトリオの担当声優は、実は全員誰かしらのキャラを掛け持ちしています。

てんどんまんは準レギュラーの「ちびぞうクン」、かつどんまんは「ハンバーガーキッド」とそれぞれ兼ね役なのです。




■おわりに

かまめしどんは実は女性キャラに良く好かれます。それは彼の性格が包容力があり優しいからだそうです。

ばいきんまんには不味い扱いされる彼ですが、好かれる人には好かれているようですね。

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】