大迫力!!話題のGoPro映像を一挙紹介!



YouTubeなどの動画共有サイトを見ていると、しばしば『GoPro』という単語のついたタイトルの動画を見かけます。

『GoPro』で撮影された、大迫力のHD映像の数々を紹介しましょう。




●GoProって何?

『GoPro』とは、アメリカのWoodman Labsが販売するウェアラブルカメラのブランドネームです。

ウェアラブルの名前が示す通り、ヘルメットやハーネス等に装着しての使用を前提として作られており、掌に収まる小型ながらHD映像が撮影できる高性能を誇り、アマチュアからプロまで、幅広い利用者を獲得しています。

『GoPro』というブランドネームは、アマチュアでもプロのアングルで高画質の映像を撮影できるカメラという意味を込めて名付けられています。身につけて撮影することで、撮影者の視点に近い、迫力のある画角の映像を撮影することができます。

マウンテンバイクやスポーツカーに装着するためのマウントシステムも販売されており、モータースポーツの撮影にも最適です。

面白いのは、Chestyと名付けられたハーネスです。基本的には人間が装着するもので、ヘルメットよりも低い視点からの撮影が効果的なスキーやカヤックの映像撮影に向いていますが、動物にも装着が可能で、犬などの動物の目から見た映像の撮影が出来ます。




●『GoPro』で実際に撮影された迫力映像の数々

<GoPro: Let Me Take You To The Mountain>

雪山の山頂から、スキーやスノーボードを使って滑走する迫力ある映像を収めた『GoPro』の公式映像です。




<GOPRO gets the BITE from SALT WATER CROCODILE>

砂浜で撮影されたワニの迫力ある映像です。砂の上に置かれた餌に向かって、巨大なワニがノソノソと近づいてきたかと思ったら、次の瞬間、大きな顎を開けてガブリと噛み付きます。ワニの目と同じ高さでの撮影で、とても臨場感のある映像です。

何を思ったのか今度はカメラどついて倒しますが、そのまま去っていくのは、食べ物じゃないと気づいたからでしょうか?




<Unbelievable Wingsuit Cave Flight! Batman Cave, Alexander Polli>

”ウィングスーツ”と呼ばれる空中滑空用のスーツを身につけたスタントマンの視点からの映像を捉えています。山の上空からダイブし、幅わずか数メートル程度の岩穴を高速でくぐり抜ける映像は迫力満点!高所恐怖症の方はご視聴にご注意ください。




<Go pro を犬に乗せるとこうなった>

『GoPro』を秋田犬に装着して撮影した映像。犬の目線からリードを引くご主人の姿が見えます。何だかとてもほのぼのとした、和む映像です。




<Fighter Pilot GoPro HD>

戦闘機パイロットの様子をコックピットに設置したGoProで撮影した映像です。航空母艦からの離艦や着艦など、普通は見ることのできない貴重な映像です。






■おわりに

現場の当事者から見た、ナマの迫力を感じる映像がすごいですよね。

これから、どんな映像を見ることができるのか、楽しみでなりません。

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】