ビル・ゲイツが第1位に復帰!2014年版世界長者番付が発表される



世界中の資産家や富豪の順位リスト、『世界長者番付』の2014年版が発表されました。

今年はマイクロソフトの創業者、ビル・ゲイツ氏が長者トップに復帰したことで話題になっています。




●資産10億ドル以上の資産家リスト。その合計資産は6.4兆ドルに。

世界長者番付は、アメリカの経済雑誌『フォーブス』が毎年発表している、資産10億ドル以上の億万長者を順位でまとめたリストです。

『フォーブス』誌はフランス系アメリカ人B.C.フォーブスが1917年に創刊した月刊誌で、現在では日本版、アジア版など、7つの言語で発行されています。毎年3月に世界長者番付を発表しており、この時期になると毎年、誰が番付トップだったかで話題になります。

世界中で10億ドル以上の個人資産を持つ富豪は1645人に達し、その資産の合計総額は6.4兆ドル、実に約640兆円に上ります。1645人中、172人が女性です。

国別で見ると長者数のトップはアメリカの492人、次いで中国の152人となっています。日本からは27人がリストに上がっています。今年はいずれの国も資産10億ドルを超えた人が概ね増加した傾向にあるとのことです。




●日本人トップは孫正義氏

今年は一位にマイクロソフトの創業者、ビル・ゲイツ氏が5年ぶりに復帰したことが話題となっています。

ビル・ゲイツ氏は1994年から2006年まで、13年連続で番付1位をキープしたことで知られています。2014年版でのビル・ゲイツ氏の資産総額は760億ドル(約7.6兆円)となっています。

2008年にはアメリカの投資家、ウォーレン・バフェット氏やメキシコの事業家カルロス・スリム・ヘル氏に抜かれ、第3位に陥落。翌年、再び1位に返り咲きますが、2010年以降は再びトップの座をカルロス・スリム・ヘル氏に譲り渡していました。

日本人の最高位はソフトバンク創業者の孫正義氏。世界全体では42位で、資産総額は184億ドルです。

日本人のIT関連業者としては、楽天社長の三木谷浩史氏が9.3億ドルで132位に、他にコロプラの創業者である馬場功淳氏が796位、グリー創業者の田中良和氏が1092位にランクインしています。




■おわりに

資産10億ドル……筆者などにはとても想像のつかない世界の話ですね。

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】