中国でGoogleグラスのようなものを使ってカンニングが発覚!



カンニングはあってはならない行為ですが、お隣中国のとある試験会場でとんでもなくハイテクなカンニング行為が発覚いたしました。

利用するのはメガネとコインのようなものだ。これらは送受信機となっており、適切な答えを遠隔操作で入手する。

つまり別の場所に答えを教える共犯者がおりその方に答えを解いてもらい答えを送信してもらうというシステムでGoogleグラスに近い機能を搭載している。




―ハイテクカンニング器の仕組み

ハイテクカンニング


ハイテクカンニング


ハイテクカンニング


説明によると、メガネを通して問題文を送信し、遠隔の共犯者がそれを答え解答を送ってもらうということである。

つまりこのメガネは、単なる受信機ではなくカメラ機能の様なものがついた盗撮器であり、その画像データを送信しているものではないかと推測される。

このコインの様なものが送受信機のようなもので、チップの中にその機能が搭載されているものと考えられる。

確かにこれであれば見つかるはずもない。

平たく言えばGoogleグラスからアプリなどを削除し、カンニングに特化したデバイスであるといえる。




―なぜ発覚したのか

では一見完璧に思えるこのハイテクカンニングはなぜ発覚したのだろうか。

明確な説明はないようだが、おそらくこのようなメガネが一部で流通していることを知った試験官が、実際に利用している受験者の行動を真っ先に「怪しい」と感じたのであろう。

もしくはこのようなデバイスを検知するシステムが既にあったとすればなおさら驚きだが。

ハイテクカンニングにより不正はより巧妙化を見せたが、怪しげな行為までは包み隠すことができないようだ。

このような不正行為は、中国で有名な試験「科挙」598年から既にあったとされている。




―海外の反応

・すごい素晴らしい
・私は技術進歩をしたのを実感してた
・技術の進歩はしたが、使う場所が誤っている
・素晴らしい!!!
・洗練されている!
・どうやって発覚したのか。これが鍵となります
・Googleグラスwwww
・Googleのメガネにそっくりだ
・このチートのやり方は間違っている
・すばらしい!何処で売ってるの
・音とか大丈夫なのか
・Googleグラス便利すぎw
・どこで売っているのかな
・技術は力なり

(秒刊SUNDAY:http://www.yukawanet.com/archives/4580260.html)

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】