超ド平日のディズニーはどれぐらい空いているのか、調べてみた。



平日のディズニーランドは休日よりは空いているという認識が強いのですが、果たして本当に空いているのでしょうか?

そんな疑問が誰しも感じることだと思いますので、本当に空いているであろう日にちを選定し、実際に調査してまいりました。

空いている可能性のある日は週の真ん中で、かつイベント「クリスマスなど」が無い日です。

そうなると11月6日当たりが理想的なのです。




―11月6日はかなり空いている予報!

ディズニーランド、ディズニーシー混雑予想によると、11月6日は「かなり空いている」との予報が出ております。

理由としては2つあります。

1つは週の真ん中であり休みがとりづらいという点。もう一つはディズニーの大きなイベントが無いという点です。


9月9日~10月31日 スペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」

11月7日~12月25日 スペシャルイベント「クリスマス・ウィッシュ」



このちょうどど真ん中を攻めれば、当然客は少ないという考え方だ。あまりにも安易すぎるチョイスだったがその結果はすぐにあらわれました。


―バッチシ空いていた!

weekday_disney1


何とバッチリ空いていた!入口でパスポートを購入する行列もなくすんなり入ることも出来た。

手荷物検査で若干の待機はあったがほとんど気にならない程度。これほど空いているディズニーは逆に新鮮で面白い。

これならばどんなアトラクションもすぐ乗れるはずだ。




―メインゲート

weekday_disney2


入口付近は割と込んでおりました。

記念撮影をされるお客さんが地球儀の周りで順番待ちをされているという状況。

それでも休日のごった返し状態に比べればまだましなほうで、このようにキャラクター達が気軽に記念撮影をしてくれます。

客層としては6割ぐらいが学生、3割が家族、1割がおばちゃん・おばあちゃんの女子会グループ。

という事でアトラクションをランダムに選択し、どれぐらい待ち時間が生じているのかを検証してみました。


―ディズニーシー・エレクトリック・レールウェイ<5分待ち>

アトラクションとは言い難いのですが、子供の人気の電車。ジグザグの待合もなく5分で速攻乗れました。

しかも空席もあるぐらいで、いつもより余裕を持った乗車が出来ます。それにしても0分では無いことに驚きだ。


―アクアトピア<10分待ち>

決まった道を自動で進むホバー船のようなもの。さすがアトラクションという事で10分待ちとなっていた。

子供たちも安心して乗れるという事で人気が高いようだ。

それでも10分。全く待ち時間が気にならないほどすんなり乗れる。これならば子供も途中でグズることがない。


―インディージョーンズ<40分待ち>

インディージョーンズはさすが人気アトラクションということもあり40分待ち。

この日は全体的に混むというよりも普段乗ることが出来ない人気アトラクションに「ここぞ」とばかり人が集中するタイプの日のようだ。


―シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ<5分待ち>

イッツァスモールワールドのアラビア版のようなアトラクション。

普段お客様対応をしている為、キャスト同士がお話をするというなかなか見れない貴重なシーンも。

その笑顔から本日の空き具合が伺えます。


―海底2万マイル<5分待ち>

休日は60分待ちはザラだと言うのに5分で入れます。

このアトラクションはディズニーシーでも目玉でシンボル的なアトラクションであるが故、人気も高いが逆に考えれば既に乗っている人も多く今回はいいという方が多いようだ。

玄人は本当に面白いアトラクションを狙う。


―タワーオブテラー<35分待ち>

ディズニーシーで1位・2位を争う人気のアトラクション。

ただし最も恐ろしいフリーフォール型の乗り物なので子供はあまり寄りつかないため、必然的に年齢層はあがり客足も少なめ・・・とおもいきやそれなりの待ち時間。

休日は120分待ちなど当たり前です。

ファストパスがあれば10分ぐらいで入れます。

※時間によって差はあるかと思います。




さすがに0分待ちはありませんでしたが、実質待ち時間0では入れるアトラクションはありました。

とはいえ全く混んでいないという状況では無く、そこそこ空いているというレベルである。

全てのアトラクションが5分以下でガラガラの状態になるには、更に天候が大荒れの状態を狙う等運の要素もありそうだ。

とはいえ、ガラガラのディズニーはディズニーでは無いと考える方もいるかとおもうので「そこそこ空いている」程度が一番いいのではないか。

(秒刊SUNDAY:http://www.yukawanet.com/archives/4572949.html)

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】