破壊神・毛利蘭!その被害総額を検証してみたらとんでもない額に



お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


様々な難事件をその頭脳でズバリと推理し解決する人気アニメ「名探偵コナン」。

しかし頭脳戦ばかりがこの作品の見所ではありません。犯人逮捕にはアクションもつきものです。

そんな名探偵コナンのヒロイン・毛利蘭は、アクション担当と言っても過言ではありません。空手の達人である彼女は、さまざまな最強伝説を残しています。

ところで蘭は、あらゆるシーンで犯人逮捕の為(ではない時も多々)に、様々な物を破壊してきました。

もしもそれを弁償しなければならなくなった場合、いくらぐらいになるのでしょうか?調べてみたのでご紹介いたします。




なお、価格についてはいくつかのメーカーや商品などから、平均した一般的な価格を基準とさせていただきました。

・電柱(コンクリート)
 ⇒22万円 ※設置工事費含む

・公園の街灯
 ⇒65万円 ※設置工事費含む

・小五郎のデスク
 ⇒34,800円×2回=65,600円

・マンション玄関扉
 ⇒40万円 ※工事費含む

・部屋の扉(木製)
 ⇒12万円×4回=48万円 ※工事費含む

・コンクリート柱の修理費
 ⇒50万円

・自動車ドアガラス
 ⇒54,000円×3回=166,000円 ※修理費含む

・強化ガラス
 ⇒54,500円




総額は、253万6100円!!

いやあ・・・結構な金額になってしまいましたね。もっと他にも小道具類の破壊分もあったのですが、敢えてそれらは外させていただきました。

防衛のためや、犯人逮捕のための破壊は、多分問題ないと思うのですが、それ以外の物も含まれているのでどうでしょうか?

例えば、「電柱」は第一話で新一に怒った蘭が思わず壊したものです。これってやっぱりマズイですよね?

小五郎のデスクについては、内輪の問題なので仕方ないかもしれませんが・・・。




ところで、捜査協力で破壊した分については、警察が取り計らってくれるのでしょうか?目暮警部がどうにかしてくるかな?そういうのも気になるところです。

これからはぜひ程々にしてもらったほうが良いかもしれませんね。

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】