韓国のカップラーメン「良心のかけらもない」と残念な写真が話題に



お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


日本で発覚している食品トラブルの影響は計り知れず、今はホテル業界は外部からの発覚をおそれ、内部調査が急ピッチで進められております。

最悪内部で発覚した問題は、自己申告をして早めに対処したほうが影響は少なく、最悪のケースを免れる。

この問題はいつ終息するのかは不明だが、お隣韓国でもとんでもない食品のトラブルが発生しております。

パッケージに書かれたたまごと酷く乖離(かいり)した商品が出てきたのです。




写真ではわかりにくいが、真ん中にちょこっとのっている具材が「玉子」である。

cupmen-egg


写真に比べて全体的に小さく、卵の黄身は雀の涙にしかなっていない状態だ。

もちろん「カップラーメンだから仕方ない」という気持ちもあるが、値段云々以前の問題で「会社の良心が疑われる」と中国のツイッターWeiboなどでは激しくコメントが寄せられている。




―カップラーメンの問題は数知れず

中国・香港・韓国におけるカップラーメンの問題は数知れません。

たとえば前回は食べかけの器をそのまま再利用したような形跡があったと話題にもなっており、ほかではカビが生えたカップラーメンが発見されたなど、カップラーメンにおける食品トラブルは後を絶ちません。

日本ではそれほど大きな問題にはなっておりませんが、いつこのような問題が発覚するのか、開けるたびにヒヤヒヤとさせられます。




―海外では業者を激しく指摘

海外のサイトでは「業者の良心が疑われる」「悔い改めてほしい」などとコメントをするものもいるが、「カップラーメンなんて所詮こんなもの」とあきらめる方も。

カップラーメンという低価格の商品に、我々はどこまで許せるかがキモだ。

お気に入り!
アメーバなう!
つぶやく!
シェアする!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】