アニメ制作の裏側(4)~声優になる方法って?~



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


「将来の夢は声優になる事です。」そんな夢を抱いている人も少なくないと思います。

特にアニメが大好きな中学生や高校生には多いのではないでしょうか。

ところで声優になるにはどうすればいいのか、皆さんはご存知ですか?

声優になる方法について少しご紹介したいと思います。




―声優になるには

声優になるには、声優事務所などが運営している声優養成所で学ばなければなりません。

しかし、声優養成所に入る為にはオーディションに合格しなければなりません。

高校や大学に入る為の試験と同じです。

当然難しく、誰でも入れるという訳ではありません。

演技の勉強をすでにしている人であれば、いきなりオーディションを受けるというのも有りでしょう。

しかし普通の高校生であれば、演技どころか発声さえもおぼつかないのが現実です。

ではどうすればいいのか?


―まずは専門学校から

少し遠回りではありますが、まずは「声優科」のある専門学校へ行くことをお勧めします。

代々木アニメーション学院や、アミューズメントメディア総合学院がそれに該当します。

専門学校であれば、入学金と授業料さえ払えば誰でも入る事が出来ます。

体験入学などもやっているので、一度行ってみて説明を聞いてくるのも良いかもしれませんね。

そして専門学校で1年間声優の基礎を学び、声優養成学校のオーディションを受けるのです。

声優養成学校へ入学したら、そこで本格的なレッスンを1~2年程受けて、声優事務所のオーディションを受けることになります。

声優事務所のオーディションを受けて無事に合格し、声優事務所に入る事が出来れば、晴れてあなたは声優となれるのです。




―合格率は?

毎年専門学校を卒業して、声優養成所のオーディションを受ける人は2000人、声優養成所に合格する人は100人、その後事務所に入れる人は30人くらいと言われています。

数字だけを見ると、とても厳しいように思うかもしれません。

でもよく考えてみてください。

有名私立A大学の受験者数が10万人の場合、合格者数は1万人弱、その中で大学を無事卒業できる人が何人で、希望の会社に就職できる人は一体何人いるでしょうか?

確率から考えると、声優になるのも、普通の社会人になるのもあまり変わらないかもしれません。

本当に大変なのは、声優事務所に入ってからです。

声優デビューしても、なかなかレギュラーの仕事が貰えず、名前も売れず、芽が出ないまま終わってしまう事もあります。

しかし、チャンスを生かして主役を射止める事も可能です。

すべては運と実力次第です。




本当に声優になりたい人は、とにかく簡単にあきらめずに努力する事が必要ではないでしょうか。

そうすればきっとあなたも声優になれるはずですよ!



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】