韓国の大学寮の食事が残念すぎ!日韓の掲示板で話題に



お気に入り


韓国の大学寮で出された朝食が、食べ盛りの大学生には酷だと話題になっています。

アルミ皿に載せられた食事は、主食とスープ、おかず2品とパックの飲み物ですが、量も少なく、これだけで満足できるのかといったほどです。

さてあまりに酷いこの朝食は一体どんなものか。どうせなら朝マックで済ませたいところだが。




kankoku-lunch


この給食は、忠北(チュンプク)Y大学の大学寮のものだという。

バターロール3個と、スープ、いちごジュースといちごジャム、正体不明の野菜の5品。

アルミのトレーがなんともそっけなく、寂しい感じは否めない。

しかも、作られたものは具のないスープと正体不明の野菜だけで、前日の残り物にしてもヒドい。

むしろ、これなら菓子パン2個と牛乳でいいと思うのだが…。




韓国のネチズン達は、「犬も食わない食事」「金儲けのためなのか」などと非難。

「これなら食堂を運営しないほうがマシ」という声や、「軍隊の食事はこれよりマトモ」という声も聞かれた。

日本でも、「囚人食か」「韓国ならありうる」「キムチはないの?」と掲示板で話題になっています。




韓国の食事といえば、 キムチが定番のはずですが、ないのがちょっと意外です。

それにしても、この朝食の値段は、いったいいくらなのでしょうか。

(秒刊SUNDAY:http://www.yukawanet.com/archives/4156200.html)



お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】