バギーの七武海称号の使い方ってすごいね!!



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


これまで登場してきた数々の七武海。

その中でも、バギーの「七武海」の称号の使い方はなかなかに悪質。

今回は、バギーの目の付け所について触れていきましょう。




■海賊覇権組織

本来は犯罪とされてしまう海賊行為。

しかしバギーはこの海賊行為を傘下とか手下に「バギーの名」を貸し与えることによって合法化してしまったのです。

これによってあらゆる場所で海賊が自由に暴れるようになってしまいそうになりました。

これは世界政府にとってかなり問題になってしまうところなんじゃないか?と思ってしまいます。

海賊覇権組織としてありえる海賊行為としては、世界政府は何かしらの対策を講じる必要があります。


■世界政府の対応は?

もはや世界政府はボロボロになってきていますよね。

このあたりを踏まえていくと、もしかしたらもう海軍崩壊のカウントダウンは既に始まっているといえるでしょう。

エドワード・ウィーブルにすら頼らないといけない状態。

これはとても可愛そうとしか言いようがありませんよね。

天竜人の収める世界政府はかなりNGになっていくことは間違いないところですよね。




■バギーってずる賢い!

そして、バギーはずる賢い感じだと思います。

バギーのずる賢さによって、こういった特別な対応が出てくる感じになってきていますからね。

バギーのずる賢さが影響したことによって、もう七武海の危険性は世の中に認知されてしまうでしょう。

これがあるからバギーが七武海を潰すということに繋がる可能性もあります。

七武海制度を潰すのがバギーならば、とんでもないことですよね!


■ルフィが倒した七武海は?

これまでルフィが倒した七武海はクロコダイル、モリア、ドフラミンゴの3名。

しかしバギーが仮に七武海制度の乱用によってこの制度を崩壊に導いてしまったならば。

そしたらバギーは確実に「七武海を滅ぼした男」として名を馳せることでしょう。

これはある意味、海賊王と同じくらい凄いことかもしれませんよ?

後の未来でも語り継がれてしまう感じになっていくかもしれませんね!




■おわりに

いかがでしたか?

今回はバギーの七武海称号の使い方ってすごいね!ってところに触れてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】