個人的にはイグニールがナツの中にいたのはギャグwww



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


ずっと探していたイグニールがナツの中にいたという事実。

これは読者をかなり混乱させたことでしょう。

色んな意味でギャグ展開にしかなっていない感じがやばいですよね。




■ちゃんと話せよ

ずっと探していたイグニールがナツの中にいたのには爆笑ですよね。

ナツのこれまでの冒険は何だったんだ?と思わざるを得ません。

とはいえイグニールを探すことでどんどん成長してこれたのは間違いない事実。

そういう意味ではイグニールに感謝しても良いかもしれませんよね。

しかしともあれ、今後の展開ではこういうギャグ展開は避けたいところです。


■灯台下暗し

色んな意味で灯台下暗しだったイグニールの所在。

ナツがイグニールを探すだろうことをわかっていながら、ナツの内側に隠れていたイグニールはやばいですね。

まさにドラゴン並の知性といったところかもしれません。

そのうえドラゴンとナツの関係としてもかなり異質なものがありますから、その辺りも踏まえるとファンタスティクなところかもしれませんよね。

灯台下暗しな2人のコントは、ある意味爆笑であるといえます。




■普通に会話できるやばさ

そして、なんとイグニールは普通に会話できるというところがあります。

ドラゴンはかなりの存在なのは間違いないですから、普通に会話できずにグオォォォ!くらいにしといて欲しかったですよね。

普通に会話ができてしまうことによって、何倍も人間に近づいてしまいます。

そして、人間に近付くということは、キャラの存在感が落ちてしまうということでもあるのです。

そういう意味では、イグニールが喋り始めたのはアレかもしれませんよ?


■しかしともあれ面白いフェアリーテイル

しかしともあれ面白いフェアリーテイル。

小学生レベルの読解力があれば充分に楽しめる作品という意味ではターゲットが明確。

その上で色々な人に愛される作品と言えるでしょう。これからのフェアリーテイルがどうなっていくかは不明ですけど、面白いことは太鼓判ですよね。

イグニールはアクノロギアに敗北してしまいましたけど、その辺を踏まえても頑張って欲しいです。

それなりに未来は開けていると感じるフェアリーテイルだけに、応援したくなりますよね。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は個人的にはイグニールがナツの中にいたのはギャグwwwといった点に触れてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】