ヴァルキリープロファイル2って一気にクソゲーになったよなwww



お気に入り


歴史に残る名作ヴァルキリープロファイル。

しかしそんなヴァルキリープロファイルも、2以降は落ち目のようです。

今回はそのあたりについて考察していきましょう。




■ヴァルキリープロファイル

ヴァルキリープロファイル1はかなり面白かったですよね。

主人公のレナスがエインフェリアを集めていくような展開。

そして、そのエインフェリアの1人1人に深い物語が用意されているわけです。

それぞれの思いがどのようになっているのか?といったところを考えていく深さがありましたね。

ルシオとのアレとかもかなりいい感じでしたけど、2は残念になりました。


■ヴァルキリープロファイル2

ヴァルキリープロファイルは2になって急に子供向けっぽくなりましたよね。

子供向けになりすぎて、勝って幻滅した人も多いことでしょう。

重要だったエインフェリア個々の物語は大幅にカットされ、モブみたいなエインフェリアが激増。

最終的にはヴァルキリー3体が合体するという謎展開。

コレに関しては相当に痛々しい感じになってしまっており、残念感が半端無いといえます。




■ヴァルキリーアナトミア

そして最終的にはスマホアプリのヴァルキリーアナトミア。

コレに関しても絶望的な感じになってきていますよね。

とんでもない作業ゲーム感があり、なんともいえない感じになってます。

また、エインフェリアごとの設定は復活しましたが「強くなりたい」とか、薄っぺらいキャラが増えた気がしますね。

残念極まりない進化すぎて、ヴァルキリープロファイルの今後が不安になりそうです。


■残念無念うらめしや

結論をいうと、ヴァルキリープロファイルに関しては残念無念ウラメシヤといった感じでしょう。

これまでのファンとは全く違う層に向けたゲームになってしまいました。

これをやって喜ぶのは小学生低学年くらいまででしょうね。

そういった面を踏まえると、残念感が極めて高いので、今後のアレも非常に避けて行きたいところです。

出来れば最初の衝撃的な感じを取り戻して欲しいですね。




■おわりに

いかがでしたか?

今回はヴァルキリープロファイル2って一気にクソゲーになったよなwwwといったところに触れてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】