テラフォーマーズの中で最もグロい死に方をしたメンバーって?



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


大人気漫画のテラフォーマーズ。

その中でも多くの人々が活躍していることは紛れもない事実です。

しかしその中で、グロい死に方をしてしまう人もいるのですから驚き!

今回はそんなテラフォーマーズの登場人物のラストをえぐってみましょう。




■ティン

バグズ2号計画の際に最後までゴキブリ達に立ち向かったティン。

大切な仲間たちを守るために、薬の打ちすぎで戻れなくなってしまいました。

最後の最後は彼の能力であるサバクトビバッタの能力を開放したまま死んでしまう形に。

彼の実力は小町にすら匹敵するレベルに到達していたようなので、他界が惜しまれます。

色んな意味でいなくなったことが残念なキャラクターですね。


■シーラ

順位も低いのにテラフォーマーに立ち向かい、そのうえ捕獲まで成功。

しかし、最後の最後にはその胸に穴を開けられて倒れてしまいました。

アネックスの中では、親しい仲間内で最も残念な死亡者といえるでしょう。

可愛いキャラだっただけに、残念がるファンの声も多かったようです。

これらのことを考えると、もう少しシーラは生かして置いても良かったのかな、と思います。




■アレクサンドル・アシモフ

「ただ家族を守る」と言い残し、単身で敵地に潜入。

そして激戦の上に、薬物過剰摂取で最後を遂げます。

その能力はとんでもなく高かっただけに、最期まで残っていてもよかった逸材ですね。

これから先の展開で再登場する可能性は極めて低いでしょうが、それでも優秀なのは間違いないところ。

いつかまた彼の勇姿をスピンオフなどで見てみたいところです。


■リュウイーウ

なんと、裏切りの中国班の中核を担っていた龍さんも死亡してしまいました。

その最後には、自分の心臓を他者に移植する…という壮絶な効果も残しながら…。

小町を救うことによって自分の命を差し出したリュウイーウ。

彼の最後の最後まで決断をしっかりと果たしたすごさは、今後も語り継がれていきそうです。

後々明かされる彼の壮絶な過去も、必見レベルに到達しているといえます。




■おわりに

いかがでしたか?

今回はテラフォーマーズの中で最もグロい死に方をしたメンバーをまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】