ワールドトリガーの設定と展開・構想力やばいなww



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


現代ジャンプの知的読者が好む2大漫画は、ハンターハンターとワールドトリガーであると言われています。

確かにワールドトリガーの世界観やその背景設定などを見ていくと納得ですね。

逆にあまりに陳腐でとても読めたものではない漫画もありますから、このあたりはバランスかも?




■ワールドトリガーのトリガー

ボーダーとネイバーの戦い・・・という分かりやすい背景を設定するところはさすが!

そして、そのうえでトリガーという近未来兵器的なものを用意することで、物語にはさらなる深みがうまれています。

単なるサバゲーで終わらないところがワールドトリガーのミソですね。

様々な機能をもつワールドトリガーの戦略はかなり面白いというもの。

こんなゲームが実現するならぜひやってみたいですね!


■トリオン体

そして、人の中にはトリオン体という謎のアレが潜んでいるとのこと。

言うなれば魂のようなエネルギー体のようなものでしょうか。

人々はこのトリオン体を駆使することによって、ネイバーとの戦いを繰り広げているのです。

そういった点を踏まえて考えると、このあたりもとても奥が深いですよね。

トリオン体を使った戦闘で痛みなく闘うのはとても面白そうです。




■仮想戦闘空間

ワールドトリガーの世界では、仮想戦闘空間みたいなのが描かれているのもポイント。

多くの読者はこういったバーチャル世界に憧れることでしょう。

そして、ボーダー同士の戦いであれば逆に解説まで入ってくれるのが読者に優しいですよね。

全く理解が追いつかないのを棚に上げて「イミフなんだけどwww」などとバカにする者に対しても優しい配慮であるといえるでしょう。

仮想戦闘空間での戦闘で解説を踏まえていくのはなかなか面白いところ。


■恐ろしいまでのリアリティ

しかもワールドトリガーのすごいところは、そのリアリティ。

登場人物ひとりひとりの細部に渡るまで正確や背景がしっかり設定されているのはすごいですね!

そう考えると、本当に恐ろしいまでのリアリティであるといえるでしょう。

これからのジャンプを担い、読者の漫画読解力を高めていく役割を持っていそうです。

確かに陳腐な漫画ばかりに人気が集中すると寂しいですからね。




■おわりに

いかがでしたか?

今回はワールドトリガーの設定と展開・構想力やばいなwwといった点についてまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】