残酷事件に巻き込まれないようにしよう!安全圏な心構え?



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


世の中には沢山の残酷事件がありますよね。

ここ最近ではフロリダ州でそういう事件があったものです。

そこで今回は残酷事件に巻き込まれないようにするための方法をまとめていきます。




■危険な場所にはいかない

危険そうな雰囲気の場所にはいかないことが何より大事。

人が犯罪を犯しそうな薄暗い場所とかでは、往々にしてそういうことが起こるかもしれません。

自分の身を守るためにも、危険な場所にはいかないようにするのがベストでしょうね。

また、一人で行動せずに集団で行動するのも大切です。

たった一人になると、それだけで危険のリスクは高まります。


■全ての人はモンスター化すると心得よ

親友だと思ってたら一瞬で裏切ってきた。

仲間だと思ってたら騙されていた。

そういう経験が、誰しもあるというものですが、これから学ぶ必要があります。

実際に親友だったり仲間だったりしたとしても、人間は一瞬で手の平を返すモンスターなのです。

「この人に限って」というのは甘えにすぎず、誰しもを疑っていくべきですね。




■社会を変える?

自分のやりたいことをやってフワフワと生きるのもいいですが、社会を変えるために出来ることをやるのは大切。

「誰かがやってくれる」「日本社会が悪い」などと、他人のせいにするのは簡単です。

しかし、その「他人のせいにする人の集合体」が社会であることに気付きましょう。

社会がクソだと思うのなら、その社会を構成している要素もまたクソなのです。

であれば、自分だけでも真っ当に生きていく必要があるのではなうでしょうか。


■付き合う人は最低限に!

一緒にいる人が増えるほど、身の危険は高まってしまうというもの。

これはとても危険なので、付き合う人は最低限にしたほうがいいですね。

仲良し5人組みたいなのがあったとしたら、2人は必ず裏で陰口を叩いていることでしょう。

人を叩くことによって快感を得る、まさにモンスターのような側面が人間にはあるのです。

それを踏まえた上で、大事な人はだれなのかをしっかり理解していくことが大切ですね。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は残酷事件に巻き込まれないようにしよう!といった点についてまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】