読んでて恥ずかしくなる漫画の傾向がわかったwww



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


様々な漫画を読んでいて思うことは、感動したり感心したりする漫画がある反面に、読んでて恥ずかしくなる漫画も多いことが判明したのです。

これまでの作品を見てみて、恥ずかしい漫画の傾向をまとめていきましょう。

作品名は出しませんが、ぜひ予想してみてくださいね!




■作者の頭が悪そうww

作者の頭が悪そうな漫画は読んでいてはずかしくなりますよね。

「絶望」を表現するために「絶望・絶望」と連呼するキャラクターなどが登場したりするとウンザリします。

アーティスト・芸術家に分類される漫画家が、このような表現をしていてはおしまいですね。

比喩表現、隠喩・暗喩等をしっかりやりなおしたほうが良さそうです。

もちろん読者としても、こういう雑な表現を見ていると、こちらまで恥ずかしくなります。


■伏線があからさま

伏線があからさまだったりするケースは見ていて恥ずかしくなりますよね。

頭の良い作者は、伏線を読者にバレにくいように伏せておくもの。

だから関心と感動が生まれるのです。

それに対して、頭のわるい作者は「ここ伏線だよ!伏線だから覚えておいてね!」みたいな感じで出してきます。

これはもはや伏線でもなんでもなく、あからさまにキモいだけですよね。




■世界観が後付でぐちゃぐちゃ

世界観とか設定が後付になっていてぐちゃぐちゃになっているケースも痛々しいですね。

見ていて正直、最低限はちゃんと設定しろよ…と思ってしまいます。

自分から後付けを狙っていく人はいないとは思いますけど、もはや現代に雑な漫画は必要ないのではないでしょうか。

逆に、絵が下手でも内容が良ければ売れる世界ですからね、漫画は。

アイドル業界とマンガ業界は違うので、クソみたいな作品はどんどん淘汰されているようです。


■完全に脈絡がない

物語の展開に脈絡が無かったり、前後関係がぐちゃぐちゃの漫画は読んでいて恥ずかしくなりますよね。

漫画の登場人物は主に人間なわけですけど、人間が人間らしく動かない漫画は読み飛ばされることでしょう。

また、登場キャラの全員が尽く浅はかだったり、尽くハイテンションだったり、かなりいびつな人しかいない世界もどうようです。

漫画世界なら漫画世界の中なりに、ある種のリアリティがないと話にならないところですね。

現代は漫画のレベルも上がってきていますから、そのあたりも意識していきたいところです。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は読んでて恥ずかしくなる漫画の傾向をまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】