ドラゴンボール超が徐々にギャグ漫画化!



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


ドラゴンボールが完全にギャグ漫画化してきている!

しかし、それはそれで各々のキャラに微妙に愛嬌が出てきて可愛いかもしれませんね!

そこで今回は、そんなドラゴンボール超について触れていこうと思います。




■大いなるポンタ

今回の神様バトルで大将にすえられた存在、モナカ。

彼の存在がかなり大きな波紋を呼びましたよね。

コイツが存在することによって、第七宇宙と第六宇宙の戦いに変な駆け引きが生じる展開に!

とはいえ、物語のスパイス役としてはかなりいい感じの役割を果たしkたかもしれない!

強くはなかったみたいだけど、これからのモナカも楽しみだ!


■ウンコにされちまうのか?

神の龍を呼び出した悟空たちだったが、「ウンコにされちまうのか?」などとも言っていた。

完全にギャグ漫画化してきていることは否めないだろう。

とはいえ、悟空の相変わらずのマイペースと、こういった雰囲気はかなり好感が持てる。

これからのドラゴンボールの展開でも、ぜひ楽しく可愛い悟空で居てほしいところですね!

悟空が神の龍のウンコにされるところも是非見てみたいところですね!




■ちなみに

ちなみに神の龍に飲み込まれたメンバーの中にウーロンも存在していました。

ウーロンといえば、ドラゴンボール世界の中でも、トップクラスのブタだ!

ブタが蛇に飲み込まれて消化されるというのは、実は至極当然の流れなのかもしれない!

ウーロンは自我があるからすこしアレだけど、ウーロンがウンコになったところも見てみたいですね!

久々の晴れ姿になるかもしれません。


■声優の野沢雅子もテンションアップ?

そして、心なしか声優の野沢雅子もテンションアップしているような気がする。

それが見て取れるのは物語の予告の時だ。

次回予告の際にテンションのあがった雰囲気で喋る野沢雅子の声を聞くとなんだか嬉しくなってしまいますよね!

これまでの準シリアスなドラゴンボールZの時と比較して、より活き活きとしているような気がします。

これからの野沢雅子さんの活躍にも期待ですね!




■おわりに

いかがでしたか?

今回はドラゴンボール超が徐々にギャグ漫画化している件について触れてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】