あっという間にハリウッドザコシショウが消えた件。



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


R1優勝で物議を醸しだしたハリウッドザコシショウ。

著者としては正直、全くといっていいほど笑えなかったわけだが、優勝は祝福したいと思った。

なぜなら、きっと努力はしてきたのだと思うからだ。

しかし、そんな彼も早くも消えてしまいかかっている。




■笑いは実力?

お笑いは実力勝負だ!という方もいるだろう。

正直ザコシショウよりも面白いピン芸人は山ほどいたし、それらのピン芸人の方々もきっと努力をしてきた。

ザコシショウだけじゃない、みんなが努力しているんだ。

だからザコシショウだけを特別視するのは問題と考える人もいるだろう。

しかし、ここにはあえて異論を唱えたい。


■長く頑張ってきたんだよね。

ザコシショウはなんとか売れるために、あれでもやはり創意工夫をしてきたに違いない。

SNSなどを使って人気を高めようとしたり、かなり努力はしてきたはずだ。

想像力を働かせてイメージしてみて欲しい。

自分が面白い芸を出来た上で長く続けるのと、自分がつまらない芸しか出来ないのに長く続けていくの。

一体どちらが辛いだろうか。

ハリウッドザコシショウはきっと後者にあたるのであろう。

それでも裸で叫ぶという、なりふり構わない芸で戦い、それでもつまらなかったのだ。

きっと辛かったに違いない。




■驚くべき胆力

そんな、裸で叫ぶという芸風を、意地で貫き通したザコシショウには、面白くはなかったが拍手を送りたい。

自分を同じ立場において考えてみて欲しいと思うのだ。

自分があのような形でTVに出て売れてしまったら「変な人、怖い人、何をするかわからない人」と思われてしまうのではないか?と怖気づいてしまう。

しかし、そんな恐怖にも打ち勝って、あの芸を披露したザコシショウの胆力は感嘆に値するはずだ。


■残念ながら可哀想な結果になりつつある。

それでもやはり、多くの視聴者から観てつまらなかったのは事実のようで、アンチザコシショウは根強く存在するようだ。

人によっては「ザコシショウを見た瞬間チャンネルを変える」という人も多いくらいだ。

面白く無いのに優勝してしまうという状況から、ヤラセ疑惑すらも噴出し「彼の姿を見るだけでチャンネルを変える」ほど嫌われてしまう結果になってしまった。

「姿を見るだけでチャンネルに釘付けになる」トレンディエンジェルの斎藤さんとは大きな違いだ。

やはりR1という舞台であれば、大衆に満場一致で歓迎される性質の笑いでなければ厳しいのであろう。

これからのハリウッドザコシショウの名誉挽回に期待したい。




■おわりに

いかがだっただろうか。

今回はあっという間にハリウッドザコシショウが消えた件について考察をしてみた。

ぜひ参考にしてみて頂きたい。
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】