海外で新潟の「藁アートまつり」が凄い!と大絶賛!



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


田んぼの稲を利用した「田んぼアート」は割と世界的にも注目され話題になっておりますが、こちらの「藁アート」もひそかに人気を呼んでおり、海外のメディアやブログなどで紹介されております。

藁アートは新潟市西蒲区で行われている「わらアートまつり」の展示物となっており、上堰潟公園で8月31日~9月1日に行われるイベントのようです。

2Dではなく3Dの藁アートに注目していただきたい。




―わらアートの一例

wara-art1


wara-art2


wara-art3


wara-art4


田んぼアートも凄いが藁アートも凄い!と海外で絶賛のこちらの作品集。

まさに「日本の秋の素晴らしさ」を象徴する芸術作品で、伝統的な「からぶき屋根」と同じような技術と技法を駆使して作り上げられているということだ。

家ではなくオブジェとして「虫・恐竜・動物」といった個性豊かな芸術作品は来場者の心をつかんだはずだ。

ちなみに一番下はモアイなのか、それとも今はやりの巨人なのか。




―海外ブログも大絶賛

海外のメディアやブログなどでも「わらアートまつり」が紹介され「日本の伝統芸能には本当に恐れ入る」「オンラインで見ることができるのは幸運です」などと絶賛しているようです。

我々日本人としても秋田の文化を「誇り」に思いたい。

今後、ネットでの話題を集めるため例えば「初音ミク」などの萌え系藁アートも見てみたいところだ。


―どこで見れるのか?

新潟市西蒲区で行われている「わらアートまつり」で展示されているとのことです。

残念ながら祭り自体は8月31日(土曜日)~9月1日(日曜日)の2日間の開催ということですでに終了してしまっているが、展示物は10月末まで飾ってあるということだ。




今月の土日などの休日に足を運んでみてはいかがだろうか。

(秒刊SUNDAY:http://www.yukawanet.com/archives/4556132.html)



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】