ブラッククローバーとかいうテンプレ漫画www



お気に入り


ブラッククローバーという漫画が週刊少年ジャンプで非常に人気だ。

これでもかといったテンプレ展開が魅力の一つである。

しかし、漫画をある程度知っている人にとっては、どこかで見たような展開ばかりで違和感を感じるかもしれない。

今回はブラッククローバーのテンプレっぷりを、モデルにしたであろう漫画を勝手に推測し、伝えていく。

あくまで著者の主観なので、悪意などの意図はない。




■海賊王におれはなるってばよ!

◯◯になる!というスタートはとてもわかりやすいテンプレートだ。

とりあえずブラッククローバーの主人公は、海賊王ならぬ、魔法帝という魔法使いのトップを目指すらしい。

そして、主人公は魔法が使えない落ちこぼれだ。

そんな落ちこぼれが成長していく物語は、あれとこれを繋ぎあわせたように見えなくもない。


■このウスラトンカチがァァァァァ!!

そしてナルト風外見の主人公のライバルを務めるのは、サスケ風ライバルだ。

サスケほど病んではいないが、それでも外見はサスケっぽさがすごい。

そのうち写真眼でも開眼しそうな勢いである。

そのうえ主人公が所属する魔法騎士団の団長は、外見こそ似ていないものの、「銀魂」の主人公こと、坂田銀時にキャラ雰囲気が似てしまっている。

本当にすごい漫画だ。




■キルアも登場?ヴァーミリオン!

さらには別の魔法騎士団にレオポルド・ヴァーミリオンというキャラが登場する。

カラーでみると髪の毛はオレンジなのだが、コミックスや漫画でみると完全に白だ。

そして、目つきなどは完全にキルアそっくりなのだ。

もはやなんでもアリの大パニックである。

そして極めつけにはあのテンプレがやってくる。


■「あのお方…」

名探偵コナンでも登場してきそうな名セリフ、「あのお方…」。

闇の黒幕の存在をこれ見よがしにチラつかせている名テンプレートだ。

黒幕というのは本来、存在を隠さなければいけないもの。

しかしブラッククローバーでは敵の多くが「僕らの後ろに黒幕いますよー!」と大声で言いふらしているようなものだ。

これは困った敵ちゃんだ。




■おわりに

いかがだっただろうか。

見る人がみれば、ブラッククローバーはこんな風に見える。

見たことある展開もおおいため、毎回のように既視感に苛まれてしまう読者も多いことだろう。

他の漫画を読んだことがない人にはオススメだってばよ、である。
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】