現実的に一般庶民が平均以上に成り上がるための方法!



お気に入り


セブン-イレブンは便利だ。

そしてローソンやファミリマートも便利だ。

私たち庶民はそれに対して大助かりだし、とても便利に使わせていただいている。

しかし、実はそうしたチェーン展開しているコンビニや飲食店を使えば使うほど、一般庶民は苦しくなるような仕組みになっているようだ。




■彼等を総称して「大企業」と呼ぼう。

このページでは彼等を総称して「大企業」と呼ぶことにする。

確かに「大企業」のサービスは優秀で、それがとても嬉しいには違いない。

しかし我々庶民が「大企業」のサービスばかりを使用するとどうなるか?

様々な問題が同時に噴出することをご存知だろうか?

少し頭の体操のつもりで考えてみよう。


■「大企業」に金が集まる

「大企業」を使用しまくることによって、「大企業」に金が集まる。

そうすることによって「大企業」はよりよいサービスを開拓していくことだろう。

しかし、それをするとどうなるのか?

属に言う個人営業のお店がどんどん窮地に立たされていくことになるのである。

確かに悪いサービスは淘汰されるのだが、良いサービスに群がることで富がかたよるのである。




■「大企業」に勝つ方法

「大企業」に対して真正面から挑んでしまってはダメだ。

セブンイレブンに真正面から挑んだところで、あんな素晴らしいサービスに勝つことは出来ない。

それどころか競争に巻き込まれ、沈没してしまうのがオチだ。

セブンイレブンやファミリーマートのような「大企業」達が戦う世界規模の台風の中に飛び込んで、無事でいられるわけがない。

すこし違う考え方が必要になってくる。


■オリジナリティで勝負しろ!

彼等のように洗練された美しいスタイルを真似しようとしても敗北するのがオチだ。

つまり、一般庶民が勝負していくためにはもっとゴツゴツとしたエッジを立たせる必要があるといえそうだ。

洗練されて美しいものを目指すのではなく、ゴツゴツとしていてなんかクセになるものを目指すほうが良いといえるであろう。

「大企業」達が追求しているソレを超えることは出来ないかもしれない。

でも、彼等の台風に巻き込まれること無く戦えるであろうことは事実だ。




■おわりに

いかがだっただろうか。

今回は現実的に一般庶民が平均以上に成り上がるための方法をまとめてみた。

ぜひ参考にして頂きたい。
 

お気に入り


あわせて読みたい