漫画にかかせないマスコットキャラクターの存在感!



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


日本の漫画には王道というものが存在し、その中にマスコットキャラクターというものがある。

そう、マスコットキャラクターは漫画にとって切っても切り離せないのだ。

そこで今回は、漫画に欠かせないマスコットキャラクターについて考えてみよう。




■チョッパー

ワンピースのマスコットキャラクターといえばチョッパーだ。

チョッパーの存在感は他の漫画とくらべても異質を放っている。

戦闘自体は大したことないが、それでも医者というポジションを担っているため、チョッパーがいないとこまるのだ。

これまでのマスコットキャラクターは単なる癒やしだったのにも関わらず、チョッパーはアイデンティティを保っている。

これはマスコットキャラクター界に激震をもたらしたに違いない。


■ウーロン

ウーロンといえばドラゴンボールのマスコットキャラ的なポジションだ。

いや、プーアルがそうなのかもしれない。

というかドラゴンボールのマスコットキャラクターは誰なのだろうか?

シェンロンが毎回出てきているしシェンロンなのだろうか?

鳥山明先生に聞いてみたいものだ。




■ハッピー

フェアリーテイルのマスコットキャラクターであるハッピー。

翼の生えた猫は非常に可愛いが、実はそれだけのキャラクターに感じる。

チョッパーが自身にアイデンティティを持っているのに対して、ハッピーは可愛さ売りって感じだ。

これはこれでいいのかもしれないが、ハッピー自身はチョッパーが医者ということを聞くと、自分の存在価値を疑い始める可能性がある。

同じマスコットキャラポジションだからこその悩みか。


■峰田実

僕のヒーローアカデミアの峰田実もいちおうそのポジションだ。

しかしそのキャラクター性はもはやマスコットキャラクターの域を超える。

可愛らしい外見をした変態仮面のようなものだ。

峰田実の存在感は、ある意味で僕のヒーローアカデミアの真骨頂ともなりえている。

マスコットキャラクターの存在価値である”可愛さ”を意に介さない峰田実に対し、ぜひ拍手を送りたい。




■おわりに

いかがだっただろうか。

今回は漫画にかかせないマスコットキャラクターの存在感についてまとめてみた。

ぜひ参考にして頂ければ幸いである。
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】