ワンピースのラフテルの行き方がついに判明!



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


国民的大ヒット漫画となったワンピース。

ついにワンピースのラフテルへの行き方が判明しました。

今回はそんなラフテルへの行き方を中心に、ワンピースの所在、真相へと迫っていきます。




■赤いポーネグリフ

ゾウに所在していた赤いポーネグリフことロードポーネグリフ。

ロードポーネグリフの存在によって、ラフテルへの行き方が判明しました。

ロードポーネグリフは全世界に点在しており、それらが示す地点を繋ぐことによって、その交差点にラフテルの所在が浮かび上がることが判明したのです。

これを作った光月一族とは一体何者なのか?

謎が謎を呼び、大きく膨らんでいきます。


■大きな障害、四皇!

そして、ラフテルを目指していくと必ずといっていいほど目の前に大きく立ちふさがってくる壁、四皇。

その中でも特に大きな障害といえるのがカイドウとビッグマムです。

この2人が肝心の鍵となるロードポーネグリフを持ってしまっているため、ラフテルを目指していくと必ずこの壁にぶち当たってしまうわけです。

もちろん直接彼らと戦う必要はありませんが、非常に癖の強い2人であるだけに、簡単にロードポーネグリフを開放してくれるとは思えません。

つまり、ある意味では戦闘必須であるといえるのです。




■黒ひげは何を狙っている?

落とし前戦争以降、四皇として名を連ねるようになってきた黒ひげ。

彼の存在は世界に大きな波紋を呼びました。

彼が一体何を狙っているのかも、今後の大きな注目ポイントになっています。

黒ひげのがいることによって、新世界の海のバランスがどういった形で保たれているのかも非常に気になる所。

ポーネグリフに絡んでいないと思われるシャンクスと黒ひげは何を狙って君臨しているんでしょうか。


■ワンピースは既に登場している?

噂によると、ワンピースはすでに作中に登場していると言われています。

人と人を繋ぐ思いがワンピースなのか、それとも世界中に点在するポーネグリフがワンピースなのか。

それともこの世界そのものがワンピースなのかもしれません。

そのひとつなぎの大秘宝の存在が、世界に対してどのような影響を与えていくのかも、今後注目のポイントとなってきそうなきがしますよね。

繰り返しますが、ワンピースは既に登場しているとのことです。




■おわりに

いかがでしたか?

今回はワンピースのラフテルの行き方がついに判明した件について触れてみました。

ぜひあなたも妄想を爆発させてみてくださいね!
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】