みんなパラレルワールドに言ったら何をしたい?



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


ここ最近パラレルワールドについて調べていたんだけど、そうするとみんなの「パラレルワールドに行きたい理由」にとんでもないものが多く含まれていた。

そこで今回は多くの人が憧れるパラレルワールドに行ったら何をしたいか?という調査報告を残しておく。

あなたはどのような理由でパラレルワールドを目指したいのだろうか。




■なんだこの人生

パラレルワールドに行きたい多くの人は「平行世界に興味とロマン」を求めているわけではないことが判明した。

むしろその逆であり、今の毎日に絶望を抱えている人々がパラレルワールドに逃げようとしている印象だ。

終末論でも同じような傾向が見てとれたが、共通して「今の人生に絶望している」ということがあげられるかもしれない。

それではさらに奥まで掘り進んでみよう。


■オレがイケメンに生まれてモテている世界線に行きたい

「オレがイケメンに生まれてモテている世界線に行きたい」などと行っている人も見受けられた。

世界線とはアインシュタインが提唱した時空間移動の概念を表す言葉のひとつ。

つまり、自分がモテている別の世界にいきたい、ということなのだろう。

彼はモテるための努力を最大限行ったのだろうか?

謎は深まるばかりである。




■ちゃんと就職できた世界線に行きたい

「ちゃんと就職できた世界線に行きたい」という意見も観測された。

きっと彼は就職できなかったんだろう。

そして、今の生活に不満を抱いているのかもしれない。

最大限努力しても報われないことがあるのは世の中の摂理のひとつでもある。

しかし、かといって逃げを選択しているようでは未来はないと思えるのは著者だけであろうか。


■絶望という名の牢獄

パラレルワールド関係の記事を見ていると、まさにこのようなタイプの人たちがウヨウヨしていることに驚かされる。

シュレディンガーの猫やエヴェレットの他世界解釈など、自分の日常生活とはかけ離れた部分の分野を考えるのが大好きな人々だ。

もちろん彼等全てが絶望から逃げているとは限らない。

しかし、ある種の負のエネルギーが渦巻いているのは間違いなさそうである。




■おわりに

いかがだっただろうか。

今回はみんなパラレルワールドに言ったら何をしたい?といった部分をまとめてみた。

ぜひ参考にしていってもらいたい。
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】